トップニュース

「攻撃的」日本、オーストラリアのサムライブルース延長決定

2022 FIFAワールドカップの全試合をSBSで無料で独占視聴できます。

さまざまなSBSスポーツの最新ニュースとアップデートを確認するには、フォローしてください。 SBSスポーツフェイスブック そして Twitter

Samurai Blueは、3月24日に60人以上の日本の写真家、ジャーナリスト、テレビ制作陣がクランチ予選のために降下するシドニーのSocceroosを破って、7回目の連続ワールドカップ出場を確保することができます。

森津の部下たちはAFC予選3段階で難しい出発に耐え、最初の3試合のうち2試合を敗れたが、その後5試合全てを勝利して先頭サウジアラビアに続きB組2位に上がった。

上位2チームがカタールに直接進出できる資格を確保した状況でGraham Arnoldのチームがびっくりして13年という苦痛な13年の不運を払うようになれば、3位オーストラリアと日本を区分する3点差が完全に消える可能性があります。

2009年以降、日本はオーストラリアのライバルに被害を与えたことがなく、引き分けは自動予選への希望を排除しませんが、どちらのシナリオも森林が疲れているとは思わず、送信されたメッセージと一致しません。

森澤は日本のメディアに「私たちはすべてのゲームに勝つべきゲームと見て、ここまで来ました。

「私たちは来るたびに勝つことを試み、今それを忘れません。

「私たちは試合で勝利するために積極的に取り組んでいましたが、今回の試合が大変であってもここに来なければならないという圧迫感を乗り越えました。」

53歳のこの選手はスタジアムオーストラリアの後ろからリードする吉田真也に依存するだろうが、アーセナルディフェンダーが怪我で結腸した後、右側にドミヤス武広がいなく再び合流主張になるでしょう。

吉田もやはり今シーズン初めの負傷を受け、中国とサウジアラビアとの予選戦で結長したが、仲間の南野拓美、久保武府史、前田大善、波立レオと共にインパクトを与えることを熱望している。

競技の規模は森林で失われておらず、オーストラリアは2019年以降、17の予選でホーム土壌で4番目の試合になる試合をもたらす義務はありません。

森澤は「オーストラリアもワールドカップ進出のために戦っており、彼らは良いチームです。物理的に非常に強く、良いスキルとよく組織されたチームです」と付け加えました。

「大変な試合になるでしょうが、私たちは私たち自身の良い選手を持っており、私たちはこの予選の間に多くの経験を得ました。私たちは自信を持ってプレイしたいと思います。

「私たちはワールドカップで私たちの席を予約することにしました。次の試合でファンを幸せにすることを約束します」

日本の勝利でオーストラリアはAFC予選4ラウンドに進出することになり、その後大陸間競技で誰が連盟を代表するかを決定するプレーオフ競技を行います。

READ  日本エネルギートリオ、マレーシアでCO2削減に協力ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close