エンターテインメント

「日テレの良心」フジ貴彦アナウンサー3位跳躍で見られた視聴者が「男性アナ “に求め念願| ORICON NEWS

「女性編」に続いて「第16回好きな男性アナウンサーランキング」(オリコン調べ)が最近発表。4年連続フリーアナウンサー羽鳥慎一が1位を占め、来年の「殿堂入り」に将軍をかけた。 概して女性が注目されやすいアナウンサーという職業。 しかし、タレントの可能性が支持率に直結する女子アナに比べて男性アナウンサーは安定安定感がより結果に反映されるようだ。 キャラクターも持っながら男性アナウンサーに要求される本望とは?

■過去の殿堂2人 “オタク気質」「国」の看板背負っ男性アナ

これまで5連覇に殿堂入りはTBS安住紳一郎アナウンサー(2009年)、日本のTV桝太分析(2016年)の2人。 つまみアナウンサーはスポーツ、バラエティ、音楽、情報・報道とアナウンサーを中心に活動の幅は多岐にわたる。 分譲アナウンサーは2011年から「ZIP! 「総合司会を務めた「朝の顔 “でおなじみのだ。一緒にプログラム進行能力が優れていることが周知されている。

もちろん個性も際立っているがつまみアナウンサーは、鉄道愛好家、国語科愛好家、TVオタクで有名である。 TVは局アナ、司会者に徹底しているが、ラジオのレギュラー番組「つまみ眞一郎の日曜日天国」(TBSラジオ)は、個人の部分が適当に押して絶妙なバランスを維持している。

分譲アナウンサーも「ZIP!」でしっかりとした進行はもちろん、東京大学院時代に貝の研究をしていたオタク気質の要素と知られていない、この「蔵男 “感など高学歴なのに不思議親近感が湧く個人が適切な塩梅されているのは、言うまでもない。

つまみアナウンサー分譲アナすべて個性を前面に押し出し、「キャラクター先行」の代わりに地に足がついたアナウンサーとしての信頼が結果に反映されている。 似たようなことは、「モーニングショー」(TV朝日系)からの論客もしっかりと手で口 “猛獣使い”本ランキング4連覇の羽鳥アナウンサーも共通点がある。

■キャラクターだけが人気を獲得することができない男性アナ

元男性アナウンサーはバラエティなどを含む様々なプログラムMCをマトゲイ多かった。 秘書に立っている位置が要求される場合が多い女性アナウンサーは、現在も明確な違いが存在する。

もちろん、「news zero」(日本のTV系)のウド由美子アナウンサー、「大麻枚!」(TBS系)の夏目三久アナ、「Live News it!」(フジTV系)の加藤綾子アナウンサー現役局アナウンサーである「ワールドビジネスサテライト」(TV東京系)のおよそ真理子アナウンサーなど女子アナがアンカー役を務めている場所も増えてきてはいるが、やはり男性アナのほうが、自分の発表能力と進行能力を発揮する場を提供する傾向はまだ高く、視聴者が望む声に似たような意向が高いようだ。

■コロナ災害で「言う力」を示した藤井アナの “怖さ”

今回のランキング結果から、視聴者の「男性アナに要求すること」を如実に結果として反映されたもの最初にランクインして3位に登場した日本のTV・フジ貴彦アナある。 メインキャスターを務める「news every」で新型コロナ感染拡大防止のための真剣なメッセージを視聴者に提供することで注目を浴びた藤井アナ。「家にいる人との距離を維持する。 ただ、社会貢献しています」などの言葉は、「藤井語録」としてSNSで注目をさらった。

局アナという立場から正確な情報を視聴者に適切に伝達」日テレの良心」と呼ばれる藤井アナウンサー。 プレスマンであり、アンカー逆に信念を持って視聴者に直面」アナウンサーの本分」を有事に生き生きと誇示してくれた。

現在ランキング4連覇中の羽鳥慎一アナウンサーと同期入社であった藤井アナ。 両方早くからその資質を売れ日テレの「ツインタワー」と呼ばれていた。 しかし、キャラクター立ちも良い羽鳥アナウンサーはこのランキングでも常に常連。 の藤井アナは昨年までTOP10巻外科、その関係はまさに「陰と陽」であった。

羽鳥アナウンサーが日テレ退職後も後輩桝太したアナウンサーが放送局の顔として確固たる位置を形成するなど、一種の不遇感が漂っていた。 しかし、地味ながらも愚直なまでの報道に直面、その姿勢は、常に後輩アナウンサーからの指示に掲げ、「news every」のメンバーも「キャプテン」と慕われてきた。

藤井アナウンサーのズームレンズは、世界の状況を正確に発表する「言う力」が求められていることの証。 同期であり、現在の「絶対王者 “もある羽鳥アナ、藤井アナの背中を見飛躍を遂げた分譲アナ、また連続した若いアナウンサー…最近、男性アナ支持は「日テレ出身」で占有いるのが現実である。 藤井アナのDNAをつなぐ若いアナウンサーの台頭はもちろん他国の男性アナウンサーによる「新しい潮流」に期待したい。

READ  はぁ忠清北道 "匿名のSNS誹謗中傷を訴えます」加害者たちは、今になって「言い訳」| Smart FLASH /スマフラー[光文社週刊誌]

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close