経済

「日本での音楽産業のデジタル化が注目されているようだ。」

MBWのWorld Leadersは、米国と英国の市場を除く最も影響力のある業界の人事を集中照明する正規シリーズです。 この機能では、日本最大の国内音楽ストリーミングサービスであるLine Musicの事業開発責任者であるMisaki Ikiと話を分割します。 World Leadersは PPL、世界的な隣人の権利コレクター。


日本は世界で二番目に大きいアルバム市場でIFPIデータによると、昨年のレコード会社に約29億ドルの価値があります。

また、仲間のブロックバスターの商業地域とは距離が遠い市場でもあります。

日本で実際の音楽形式の販売は、2020年に減少したが、CDやレコード盤はまだ、日本の年間アルバム取引収入の3分の2以上を占めています。 一方、ストリーミングは、市場の卸売業界の売上高の5分の1にも満たなかった。

しかし、ゆっくりとしかし確実に、日本は変化しています。 IFPIによると、2020年の日本のストリーミング貿易収入は3分の1増の4億8000万ドルを超えました。 グローバルミュージックレポート、日本をストリーミング専用の面で世界5位の音楽市場に作りました。

これらの成長に最も大きな影響を与えるプラットフォームのいずれかは、日本最大の国内ストリーミングサービスであるラインミュージックです。

Line Musicは、日本、タイ、台湾で最大のメッセージングアプリを所有しているソーシャルメディアの巨大企業Lineの子会社です。 本当に多くの人がメッセージングアプリを実際に使用しています。

ここでLine Musicの事業開発責任者であるMisaki IkiはMBWに日本ストリーミング市場の将来のために自分の考えやLineこの部門の成長で行う役割について話します。


Line Musicこの他のストリーミングサービスとの差別化されている点は何であり、なぜ日本で最も成功した国内ストリーミングサービスだと思いますか?

Line MusicはSony Music Entertainment、Universal Music、AvexとLineの合弁会社であるため、コンテンツとプラットフォームドメインの両方で、私たちの二重強みは、私たちをユニーク作ると言うことができます。

音楽のサブスクリプションサービスは、この両者の間のバランスを合わせることが非常に重要ですので、Line Musicがある会社で両方を制御することが最大の利点で見ることができます。

また、日本の人口の多くがLineメッセージングサービスを使用しているので、いつでもユーザーベースを直接利用することができます。 これは、他のサブスクリプションサービスでは、確実に行うことができないことなので、私たちのもう一つの強みと見なされることがあります。


日本の外野望がありますか?

私たちの最初の目標は、国内のユーザーの間で最も愛されているサービスがされているものです。 それ以来、他の風景を見ることができますが、今は日本市場に集中しています。


月間アクティブユーザーベースの最後の公式確認の統計は、2019年5月の11mです。 これに対するアップデートがありますか?

2021年3月現在、最大1300万MAUがあります。


最近のコンテンツ配信やその他のサービスのためにTUNED GLOBALとの取引を再開しました。 プラットフォームにどのようなメリットがありますか?

私たちは、約5年前Tuned Globalと初めて国際的な音楽流通のパートナーシップを結びました。

当時、私たちは、国内外でのパートナーを探していました。 最終的に、私たちは、技術的に強く、レコード会社との強固な関係を結んでいる会社と仕事をしてほしかったのでTuned Globalを選択しました。

Tuned Globalの欠点 [Raso, Tuned Global’s MD] とスピロ [Arkoudis, Tuned Global’s CRO] 非常に知識が豊富で、開発と私たちは非常に迅速に開始し、実行するために必要なすべてのものを処理することができました。

私たちは、すでに5年間一緒に仕事をしており、私たちの素晴らしいパートナーシップを継続することを希望します。


他の国で見たように、ストリーミングが日本での売上高1位の状況にどのよう近いと思いますか?

COVID-19のために市場が大きな変化を経験しており、デジタル(特にストリーミング)への移行が牽引力を得ているようです。

そのため、CDはまだ日本で支配的であるが、市場のトレンドは変わると思います。

「市場はCOVID-19のためにかなりの変化を受けており、デジタル、特にストリーミングへの移行が牽引力を得ているようです。」

しかし、デジタルの完全な変換は、まだ数年かかるだろう。

また、フィジカルフォーマットにも特別な魅力があるので、フィジカルとデジタルの両方をカバーする日本固有の音楽市場がどのような姿である模索したい。


Spotifyの到着があなたの観点から、ここに多くの影響を及ぼしますか?

最も重要なことは、それぞれの強みを活用して、市場を引き上げることを目標とする様々なサービスが登場すると思います。 これらの理由から、我々は、他のサービスを競争的に見ていない業界自体に活力を吹き込むために協力したい。


2020年と伝染病が日本市場、特にストリーミングにどのような永続的な影響を与えると思いますか?

先に述べたようにCOVID-19は日本市場を大きく変化させています。

コンサートが中断され、CDの販売を一時的に大幅に減少しました。

一方、ストリーミングサービスは非常によく行われておりLine Musicも例外ではありません。 聴く時間と音楽の消費も今年は非常に興味深い変化を経験しました。

「音楽のサブスクリプションサービスとして多くのオンラインのアーティストが登場するようになって嬉しいです。」

COVID-19はまた、今年のソーシャルメディアは、より大きな注目を浴びる理由の一つであり、日本でもオンラインのアーティストが登場する主な運動につながりました。 たとえば、ある歌がソーシャルメディアで口コミを出し、ストリーミングサービスで、多くの人々が再生して、アーティストがTV番組に招待されます。

音楽のサブスクリプションサービスとして、我々はまた、多くのオンラインのアーティストが登場することを嬉しく思います。 また、これらの記憶に残る瞬間を可能にすることで、Line Musicが全世界的に成長したことを実際に感じることができます。


日本のラインミュージックで国際的な音楽がどのように進行されるかについての情報/感想をいただけますか? 日本の実際の型よりもストリーミングで国際的な音楽がより良いと言うことは本当ですか?

ストリーミング時代の到来とともに、今より多くの音楽が簡単にアクセスできると言うことができます。 私たちはまた、それが日本にも事実だと思います。

しかし、同時に、J-pop(または国内音楽)は、ラインミュージックで最も多く再生されるジャンルです。 これはまた、ユーザーの人口統計に起因します。 他のサービスのユーザーは、音楽を本当に好きな主要ユーザーとすることができますがLine Musicのユーザーベースのほとんどは、音楽をよりカジュアルに楽しむ傾向があります。

「国際的な音楽は、時にはチャートを作成しますが、この曲は、一般的に日本のTV広告に登場した歌であるか、TikTokで人気を得た曲です。 “

ラインミュージックユーザーはまた、主に日本のアーティストが「人気のある曲」を聞きます。

国際的な音楽は、時にはチャートを作成しますが、これらの曲は、一般的に日本のTV広告に登場した歌であるか、TikTokでうわさが私の歌です。


より大きな社会的なメディア企業の一員になることがLine Musicの使命にどのように役立つのですか?

これは非常に重要だと思います。

Lineメッセージングサービスは、日本で8,400万人のユーザーを保有しており、ほぼ全日本人が使用しています。

Lineアプリとの統合で可能になった様々な音楽機能を提供することができます。

たとえば、Lineユーザーは、自分のプロフィールにBGMを追加することができます。 この機能を使用して、自分の気分や、お気に入りの音楽の種類を表現するレコード番号で若者たちに大きな人気を獲得しました。

「日本市場のための新しい音楽流通や消費スタイルを作りたいです。」

バックグラウンドミュージックは、会話のための新しい機会をもたらしてきた歌が口コミを起こすました。 だから、これは音楽を配布するための新しい方法になったと言うことができます。

この他にもLine Musicを使用すると、ユーザーがお気に入りの曲をLineアプリ通貨の着信音として設定するか、ミュージックビデオを表示背景に設定することができます。

Line Musicのみ、この方法での通信と音楽を組み合わせることができます。 これを念頭に置いて、私たちは、日本の市場のための新しい音楽流通や消費スタイルを作ろうとします。


今年Line Musicから期待できることは何ですか?

今後も国内サービスのみ可能なローカライズされた価値を提供すると同時に、音楽を楽しむことができるLINE MUSICだけの独特の方式を提供していたいと思います。

また、AI、およびその他の新技術を活用して、ユーザーに音楽を楽しむことができる、さらに、さまざまな方法を提供しようとします。


World LeadersはPPLのサポートを受けます。

世界パフォーマーとレコーディングの権利者が著作権を最大限にするために役立つクラス最高の運営を通じて、国際隣人の権利コレクター。 1934年に設立されたPPLは、アフリカ、アジア、オーストラリア、ヨーロッパ、北米、南米全域でお金を集めます。 2006年からの会員のために、全世界で5億ポンド以上を集めました。世界中の音楽ビジネス

READ  新しい「iPad Air」は「iPad Pro」が必要ないほど良い進化(WIRED.jp) - Yahoo!ニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close