理科

「日本は基本的に私を裏切った」:ミューズに酸っぱい日本の愛好家の漂流教育

日本の宗教を専門とするデジタル人類学者、ケイトリン・ウゴレッツ(Kaitlyn Ugoretz)が日本の財団と権威あるフェローシップを確保したとき、夢が叶いました。 カリフォルニア大学で博士課程を踏んでいる27歳のウゴレッツ(Ugoretz)は、2021年3月に財団とフェローシップを始める前に論文研究のために昨年8月に日本に到着する予定でした。

しかし、日本の国境閉鎖のため、博士課程の学生は漂流した。

「私は技術的に故郷の大学に登録しています。 [the University of California]しかし、輸入、雇用、健康保険、または登録金の免除の保証はありません。 Ugoretzは、Al Jazeeraに日本と世界の間の文化交流を促進する財団の資金援助を待ちながら、直面した危険な財政状況について説明しました。

さらに、私は大学院生の宿泊施設に住む資格がありません。 安定収入がなかったので、日本への入国を待っている間、家賃を出す余裕はありませんでした。 だから私は両親と一緒に暮らしています。」

うつ病と彼女の未来の苦悩の期間の後、Ugoretzは同好会から脱退することにしました。

彼女は「突然、澄んだ未来をまた見ることができた」と胸から重い荷物が降りる感じを説明した。

日本は先月、オミクロン変種に対応してすべての非居住外国人を禁止した。 [File: Hannibal Hanschke/Reuters]

ウゴレッツは、文化交流への東京の約束と有名なソフトパワーの持続性について疑問を提起した感染症隔離期間中に日本に入国できなかった多くの学者の一人です。

日本が2020年3月にCOVID-19の拡散を防ぐために初めての旅行禁止を施行して19,000人未満の死亡者を報告した以後、日本に入国が許可された外国学者はほとんどいませんでした。 外交部によると、2020年の1年間、すべての外国人に対する新規ビザの発行が87%減少し、これは1999年の記録が公開されて以来、最も急な減少傾向を示した。

先月、学生やビジネス旅行者の入国を緩和してわずか数週間ですべての非居住外国人に国境を閉鎖した日本は、現在自国民を海外に派遣しているにもかかわらず、現在外国人学者にビザを発行しない唯一のG7国家です。

この禁止令は外国人学生ビザ申請者にも適用され、2021年上半期に7,078人の学生が日本に入国し、2019年同期間より90%減少しました。

10月には、国内外の大学の650人以上の学者が日本政府に学生および研究ビザの発行再開を促す請願書を提出しました。

東京が彼らの要求に耳を傾けたかどうかは明らかではありませんが、来月にビザ申請のための簡単なウィンドウが再び開かれましたが、コロナウイルスのオミクロンの亜種が発見されてから数週間後に閉鎖されました。

網膜エネルギーの獲得方法について最先端の研究を行っている科学者であるMichael Countryは、2020年に日本科学振興学会(JSPS)フェローシップで日本に入国する予定でしたが、何度も機会なしに入国締切が延期されました。 煙の。

「いつも置いて月にそこに行くようだったので、私は12ヶ月契約をしたことがありません。 [apartment] 賃貸」とカントリーはアル・ジャジラに語った。 「長期実験を計画するのに苦労しています。 なぜなら、すぐに実験を残す必要があるからです。 ストレスのために眠れません。」

カントリーは、彼のホスト機関であるRIKENと彼の監督が日本に到着できるように努力したと述べた。

「日本政府に「どうぞ、私は観光客ではありません。」 私はマスクを正しく使い、隔離を維持し、コロナウイルスの規則に従い、3回のワクチン接種を受けた科学者です。 私は科学、日本国民、そして世界に貢献したいのです。」

「日本人低迷」

この禁止令は、The Global 30 Project、The Top Global University Project、The 21st Century Centers of Excellence Programなど、日本の大学でより国際的な環境を構築するための初期ポリシーフレームワークと対照されます。 この計画により、大学の専任国際教授の数は2000年5,038人から2018年8,609人に増加しました。

この増加は、アニメのような大衆文化に代表される日本のグローバルソフトパワー(2020年に記録的な235億6,000万ドルと評価される産業)と政府の「クールジャパン」ブランディングキャンペーンの拡大と一致しました。

日本国際交流財団と外務省は論評要請に応じなかった。

早稲田大学の教授であるJapanamerica:日本の文化がアメリカを侵略した方法の著者であるRoland Keltsは、日本の孤立が国際的な魅力を危険にさらしているとAl Jazeeraに語った。

Keltsは、「Covid、忘れられないオリンピック、そして壮大な新しい日本の不動産の欠如は、日本の愛好家の低迷を引き起こしています。悲しいことに、これは学界、芸術、翻訳、出版事業に感染しています」と述べました。 「学生と学者に対する厳しい制限は、彼らを韓国、シンガポール、ニュージーランド、オーストラリアなど他の場所に追いやっています。」

日本アニメの歴史に関する論文を書いているヤールのPhD候補者であるJason Douglassは、感染症が始まってから国境を越えた数少ない学者の一人です。 しかし、彼はケルツの懸念を共有しています。

彼はアルザジラとのインタビューで、「今、私たちがファンデミック(世界的な流行)の状態に入ってから2年が経過したことを考えると、一晩中突然沈まないことを考えると、日本で働いたり勉強したりすることに取り組んでいます。をかけている外国人労働者と学生のための明確なロードマップがないことは懸念だ」と話した。 「最近の政策撤回とビザの取り消しが生み出した混乱と挫折の種は、今後数年間苦い実を結ぶことになるでしょう。」

Ugoretzや他の多くの日本の愛好家には、持続するような裏切りがあります。

「今、日本について教える見通しははるかに複雑になりました」と彼女は言いました。 「生徒たちの情熱を励ましなければならないのか、それとも夢が崩れる前に逃げようと警告しなければならないのでしょうか。

「私は基本的に日本に関心と投資をしなければならない条件があり、一生を日本に捧げることにしました。 しかし、私の最も脆弱な点で、日本は基本的に私を裏切った」

READ  巨大な歌の化石、「今まで生きていた最大の虫」が明らかに

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close