スポーツ

「日-ブータン友好の年」で緊密な絆を強化

西岡大正の話でブータン国民に新年の祝典を始めることができて光栄です。 日本とブータンの友好の歴史は、1964年に日本の農業専門家の西岡大正がブータンに派遣され始めました。 ブータン農家の生活。

農業への貢献に加えて、彼はこの地域に学校や保健所を建てました。 彼は単なる農業の専門家ではなかった。 彼の心は人々の生活を改善するために固定されました。 彼がブータンの人々に真に認められ、4大王から「ダショ」という称号を受けたというのは、とても胸がすごいことです。 そんな栄誉を抱いた外国人は、彼が初めてで最後だと知っている。

Dasho Nishiokaは、1992年にティンプーから世界を離れるまでブータンで女生を送りました。 西暦30周年になる2022年初め、ブータン国民の胸の中に魂がまだ生きている息子である西岡田쇼に対する深い尊敬心をもう一度思い返したいと思います。

2022年はまた1987年、日本とブータンの間に日本海外協力ボランティア(JOCV)協定が締結されてから35周年となる年です。 JOCV協定により、約500人の日本人ボランティアが派遣されました。 ブータンの社会発展に貢献したいという意志が強いこのボランティアはブータンに住み、彼らのスキルと専門知識をブータン人と共有しました。 彼らは、農業、農村開発、公共サービスの改善などの分野でブータンの発展にかなりの貢献をしました。 西岡大正の精神は彼らにしっかりと受け継がれています。 私は、日本とブータンの間の友好的で強固な関係の基礎が部分的には、これらの専門家の献身によってもたらされたことを誇りに思います。

1987年は日本皇室とブータン王室間の交流が始まった年でもあります。 その年、日本の天皇、当時、ナルヒト皇太子が日本皇室の一員として初めてブータンを訪れました。 ブータンで4日間滞在中、廃墟は街を歩き、絵や竹の工芸品を鑑賞し、田舎の農家の家で地元の醸造酒の試飲を楽しんだ。 肺がブータンを訪れたときの言葉は次のとおりです。 国王陛下を含め、私のような世代のブータン王室家族と交流することになり、とても重要でした。 それ以来、日本とブータンは日本皇室とブータン王室の一連の交流に支えられ、相互理解と友好を高めています。

2011年のJigme Khesar Namgyel Wangchuck陛下とJetsun Pema Wangchuck女王の日本訪問は、私たちの友情の顕著な象徴でした。 日本国会議事堂の演説で、東日本大震災により前例のない挑戦に直面している日本国民の前で、弊社は次のようにおっしゃいました。 そのような痛み。 しかし、そのような逆境でさらに強くなる国があるならば、それはまさに日本とその国民です。 私はこれについて確信しています。」 私を含む多くの日本人はこの言葉に大きな力を得ました。 弊社がティンプーで惨事犠牲者のための追悼式を主催された時、日本人の心は暖かさでいっぱいでした。 ブータン全域の寺院で3日間、犠牲者のために祈ったブータン人の親切に日本国民は感動を受けました。 私たちはヒマラヤの土地に本当の友人がいることを決して忘れません。

今年は、西岡田쇼西去30周年、JOCV協定締結35周年、日本皇室の初ブータン訪問となる年です。 私たちの友情を更新し強化するこれより良い機会がありますか? 私たちは今年を「日本・ブータン友好の年」と記念して、すでに存在する両国間の緊密な絆をさらに強化したいと思います。

全世界がコロナ19に対抗して苦軍奮闘していますが、人的交流をはじめとする両国関係発展のための共同の努力は止まらないでしょう。 ブータンがファンデミックにもかかわらず、東京オリンピックとパラリンピックに選手たちを派遣したという事実が私たちにとって大きな力になりました。 東京国立競技場でブータン国旗が漂う姿をまるで私の一部のように誇らしく眺めた。

去る10月ブータン政府の支援で「JAPAN WEEK in Bhutan 2021」を開催することになってとても嬉しいです。 「日本の詩を表現する:和歌、お菓子、歌と踊り」、折り紙ワークショップ、フラワーアレンジメントのデモ、本大通ワークショップなど、多くのオンラインイベントが開催されました。 また、今回のイベントでは、ブータン文化草根事業に対する日本の支援を受け、初めて柔道塗装竣工式が行われた。 今回の誘導塗装がブータンの誘導振興だけでなく、両国間の文化体育交流の拡大にも大きく貢献すると確信しています。

ファンデミックが発生した後、多くのブータンの学生が日本旅行をキャンセルしたか、次の旅行の機会を焦って待っていました。 生徒だけでなく、彼らの先生や両親も状況を心配していることを理解しています。 近いうちに現在の挑戦を乗り越え、今年が皆さんの夢を実現し、日ブタン関係をさらに深める一年になることを願っています。

当社の経済・社会開発プログラムは継続中です。 4番国道橋梁再建事業、若い公務員教育奨学事業、ブータン病院に携帯用超音波スキャナー普及、デジタル地形図制作事業などがある。 このような協力が今年も継続してさらに具体化されると確信しています。

ブータンを訪れる日本人はすぐにブータンのファンになります。 その理由の一つは、ブータンが文化、社会、伝統を維持しながら経済発展に努めているからです。 これは私たちの心を感動させます。 日本とブータンは、心の絆で共通の価値を共有するアジア諸国です。 助けが必要な友人は本当に友達です。 日本は常にブータンの友人でありパートナーになることを望み、ブータン国民との緊密な関係を維持し続けます。

私は両国国民の友好をより一層強くするよう最善を尽くします。 大正西岡の足跡に沿って、信頼と友情の結びつきをさらに固めていきましょう。

プロバイダー 佐藤 鈴木

ブータン王国日本大使

READ  角田裕毅「レッドブル上からF1に集中するように言われました」[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close