「最も多い」降雨量で3人の島が死亡

Estimated read time 1 min read

唐津で救助作業を続ける

日本南西部地域の歴史上、最大の大雨による洪水で3人が死亡し、3人が行方不明になりました。

記録的な量の雨が九州島の一部に注がれ、川があふれ、山の坂が崩れました。

気象庁は月曜日、久留米に402.5mmが落ちたと記録したが、これは久留米で記録された最高の数値である。

道路と電力線が壊れ、さらに大雨が予想されるにつれて、何千人もの人々が避難するように命じられました。

日本気象庁の杉本智史(Satoshi Sugimoto)は、今回の大雨がこの地域で「今まで経験したものの中で最も重いもの」と述べた。

警察は洪水被害者を運ぶ

何千人もの避難令の発令

洪水で少なくとも3人が死亡したが、死亡者数はさらに増える可能性があると松野博和政府広報担当者がAFP通信に語った。 島の最も遠い地域で3人が行方不明になった。

松野氏は「私たちは死亡した人々に哀悼の意を表し、災害で被害を受けた人たちには心からの哀悼の意を表しています」と語った。

大雨は数十万人の人々に避難を与え、孤独なコミュニティは洪水や他の被害によって事実上遮断されたと言いました。

福岡地方ソエダで一人の老人女性が泥で覆われた家に閉じ込められて死亡したと地方当局は言った。 彼女の夫は生き残った。 もう一つの被害者は久留米から車に乗って行き、氾濫した川に浮かんだようだ。

日本は現在、毎年梅雨に入り、大雨が降り注ぎ、時には洪水や地すべりが発生し、人命被害が発生することもあります。

日本の気象庁によると、2019年10月12日、神奈川県箱根で日本で最も降雨量が多かった。 922.5mmが1日で落ちたとき

科学者たちは、暖かい大気がより多くの水を持っているので、気候変動は日本と他の地域で大雨のリスクを高めていると言います。

気象庁は、日曜日の夜、雨が降る前にすでに1週間以上この地域に雨が降っていると述べました。

そして火曜日に多くの地域で太陽が輝いている間、管理者はより多くの雨が予想され、すでに濡れた土地が解放される可能性があると警告しました。

地すべりは山間地方の丘の下にある平野に家が建てられることが多いため、大雨が降る日本では特に危険です。

地図:日本九州地図

地図:日本九州地図

READ  Eddie Jonesは、2024年にオーストラリアのラグビーに参加する予定、イングランドのラグビー、Dave Rennie、ラグビー選手権、ビデオ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours