世界

「最後のトランプが勝利 “Qアノン支持候補当選洗うことができない陰謀論:東京新聞TOKYO Web

米国ワシントンで14日、大統領選挙で不正があったなどと訴え集まったトランプ大統領の支持者=岩田仲弘撮影

【ニューヨーク=杉藤隆博]米大統領選挙トランプ大統領の敗北が確実たが、トランプを「悪魔と戦わなければなら救世主「陰謀論」Qアノン “は衰えない。 下院選挙では、複数の国でQアノン支持を公言した候補が当選。 リベラル色の強い東部ニューヨーク州でも地方議員が誕生する勢いだ。 信者の間では、大統領選挙を最後にトランプが勝つには、新しい陰謀論が広がっている。

下院選挙では、南部ジョージア州でQアノンについて「Q愛国者だ」「(内容)を値する」と述べた共和党の女性実業家マージョリーグリーン氏(46)が当選。彼は議席獲得が現実8月ごろから陰謀に距離を置く姿勢も示したが、以前から「黒人は民主党の奴隷だ」などの差別発言も多い。

西部コロラド州で勝利した共和党の女性のローレンボーベルト氏(33)は、前の右派集会で「私はQアノンについて聞いたことがすべて真実できるように努力している」と発言している。

積極的な陰謀説を主張候補にも勢い

すべて得票を意識して信者にアクセスした可能性はあるが、地方選挙では、より積極的に陰謀論を主張する候補も当選に近づいている。

不在者投票を集計しているニューヨーク州議会選挙では、80年以上、民主党が勝った選挙区で共和党のマークシュースケのビーチ氏が優勢。 自称財務アドバイザーで俳優の彼は、インターネット上で有名な俳優の名前を聞い小児性愛者と提案、「新型コロナウイルスの致死率はインフルエンザ以下」と虚偽の情報を流布してきた。

トランプ支持者の間でも陰謀論は衰えない。 ネット上では「トランプは否定を証明することができるよう本格的な投票用紙に自分の透かしを入れており、最後は不正投票を排除し、勝利する」という説が生まれQアノンフォロワーが広がっている。大接戦となった東部ペンシルベニア州でカードパーのデモに参加したエンジニアの男性(68)は、本紙の取材に「民主党はトランプの件罠にかかった。 私はすべてを知っている」と自信を持って冷やした。

「信者による騒ぎが起こるかも」

このような状況に陰謀に対する批判活動を展開する研究者のマイクレインズ氏は、「トランプが不正選挙を主張する訴訟がすべて棄却された場合、爆発したQアノン信者による騒乱が起こるかもしれない」と警鐘を鳴らしている。

 Qアノン民主党と財界、芸能界の大物の一部は、悪魔を崇拝する小児性愛者闇の国 “深い状態」を作って、世界を支配しているという陰謀論とその信者。2017年にインターネットの匿名掲示板で「Q」を自称送るで広がった。既得権層に対する反感やコロナによる家庭でのインターネット接触時間の増加などで信者は数百万人まで増加したとの見方もある。米連邦捜査局(FBI)は、国内のテロにつながる脅威として認識している。


READ  イスラム分離主義との戦いマクロンは「極右」や「植民地主義者」もない| この量| コラム

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close