Economy

「最後のバンカー」西川善文他界半沢直樹幕会長退任迫る激し:J-CASTニュース[전체보기]

「最後のバンカー」と呼ばれる、元三井住友銀行頭取の西川善文氏が2020年9月11日に死亡した。82歳であった。

主要銀行が相次いで倒産して合従連衡の渦に巻き込まれた金融危機の時代に「水と油」とも呼ばれた財閥系のさくら銀行(全身三井銀行と太陽神戸銀行)と住友銀行の合併(現三井住友銀行)を成功させた小泉純一郎首相の下で民営化された日本郵政の初代社長になった。 怖い顔の表情で、普段の声が大きくジルギド少なくなかったが、強力なリーダーシップを発揮した。

  • ザ・ラストバンカー本(講談社)

  • ザ・ラストバンカー本(講談社)

「怖い顔の表情」「剛腕」で克服金融危機の時代

西川善文氏のバンカー時代は修羅場の連続だった。 大阪大学法学部を卒業した後、1961(昭和36)年に住友銀行に入行。 「天皇」とした磯田一郎頭取〜会場の時代には、それ引かれてローン部長、企画部長に銀行に巨額の損失をもたらし安宅産業の不良処理に力を注いだ。

また、糸満事件の処理に奔走。 自分の著書「ザ・ラストバンカー西川善文回顧録」では、経営陣が参加して、銀行から糸満を通じて暴力団関係者に資金が流れたこと」住友銀行の数値」と怒りをぶつけている。

その後、西川氏が磯田氏退任を今回のエピソードは、バンカーの話題で、まるでドラマ「半沢直樹」のような激しさと覚悟があったではない。

1997年58歳の若さで頭取に就任。 この年の11月に北海道拓殖銀行、山一證券が相次いで破った。 金融危機の時代に突入。 銀行は、合従連衡を繰り返した。 2001年「攻撃経営」になった住友銀行はさくら銀行と合併。 西川氏は三井住友銀行の招待頭取に就任翌年12月に持株会社である三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)社長を兼任する。 2005年特別顧問に退いた。

巨額の不良債権処理を強力に推進することにより、2003年2月には、SMFGの自己資本を強化するために、ゴールドマン・サックス(GS)に有利な条件で支援を要請した。 これにより、外資を稼ぎようにした「売国奴」叫びもされた。

晩節を汚した。 日本郵政の時代

郵政民営化を掲げた小泉政権は、民営化前の2006年1月に発足した日本郵政の初代社長に就任。 郵政民営化のために陣頭指揮に当たった。 大手銀行のトップを務めた人物が「敵対」した「巨大・友情」の上位に上がるなど、銀行関係者の周囲は猛反対したが、それを振り切って変身した。

ただし、JPエクスプレスの混乱と簡易保険の宿泊施設の問題でグループのイメージが悪化した。 懸案となった特定の局長会議をはじめとするガバナンス不全に女性が入らず、09年にポストを追われた。 民主党政権の「検討」発言など郵政民営化路線に逆風が吹いても打撃だった。

インターネットは

「「ラストバンカー」か、また、時代が終わったね。合掌」
「西川さんと同期側伝説を聞いています。ご冥福を祈ります」

という意見がある一方で、

「故人の悪口言いたくないが、銀行が存続のためだったとはいえ、取引先と既存株主を捨てた経営者として今も軽蔑している」
「銀行時代に金融面で様々な実績を上げていたことは認めている。だが、郵政民営化し、今の友情を途方もなくしてしまった人物である “
「日本郵政民営化後の利権がらみので、政府が凍結幹部に続け振り回されている。その被害者はあったと思う」
「友情の自爆営業をやめさせるなかった人なのか」

と罵声も伝わっている。

言う意見を言うときビシッと

前の銀行の支店長に企業アナリストの大関明夫氏は、

「西川氏は、不必要なことは、ごちゃごちゃ言わない。言う意見を言うときビシッとタイプでした。全銀協会議などでの発言は、とにかく困難に満ちた口調の鋭さも恐ろしい存在にした。
友情の塔に従事して政治に翻弄される姿は、おそらく内面から沸き起こることあったのではないかというのが想像に難くないところで「西カラー」を発揮することができないことが忸怩たるものがあったのはないでしょうか。
今SMBCも西川氏由来の住友色を感じます。 前護送のような仲良しグループのバンカーと線を引くすぐザ・ラストバンカーだったでしょうか」

と述べた。

READ  イーロン・マスク氏が脳インタフェースNeuralink技術をライブ披露脳モニタリング装置を移植した豚を使用して| TechCrunch Japan

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close