世界

「最終的に、英国で接種開始」も新型コロナウイルスにも期待してはいけない欧米での接種の動向の把握が重要| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

来年12月までに、英国の国民の30%に接種計画

英国で12月8日、新型コロナウイルス感染に対するワクチン接種を開始した。 ワクチンは、米国のファイザーとドイツ雨テックが共同で開発したもので、国民の大規模な接種は、先進国では、英国が初めてだ。 米国も近く接種を開始します。 同じワクチンは日本にも供給される。

写真= AFP /時事通信フォト

2020年12月8日、英国で始まった新型コロナウイルス対策(英国ロンドン)

報道によると、英国での接種は重症化しやすい80歳以上の高齢者のほか、医療関係者がまず来年12月までに4000万回(2回接種で2000万人分)の供給を受け、英国の国民の30%に接種する。 この12月中に500万回が供給される。

英国感染死は6万人に達している。 このため、政府は早期接種の実現を目指し、12月2日にワクチンを緊急承認し、6日後に接種を開始した。 ジョンソン首相は「来年4月のイースター(クリスチャンイースター)の頃には、社会・経済活動の制限から逃れる。ワクチンを開発した科学者に感謝したい」と述べたましたが、ジョンソンの期待通りにすることができ運ぶことはありません。

ワクチンに期待をかけるのは当然だろう。 しかし、ワクチンは、人間の体に異物である。 多くの人が接種すると、必ず副作用を訴えが出てくる。

人体に及ぼす作用がすべて解明されているわけではない

特に、今回のワクチンは、人工合成した新型コロナウイルスの遺伝子の一部を使用し、最初のワクチンで人体に及ぼす作用がすべて解明されているわけではない。 さらに、常温であれば、すぐに効果が失われてしまうので、氷点下70度の超低温冷凍保存が不可欠である。 超低温保存も保管期間は半年しかない。 有効な獲得免疫を得るために接種が2回必要である。

安全性と有効性を確認し、輸送や保管冷凍設備をどのように確保するか? ワクチン供給する問題は、将来的にこの重大局面である。

今回のワクチンは、「メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチン」という遺伝子ワクチンである。製造方法が今までのワクチンとは全く異なる新しいタイプのワクチンである。

病原体ウイルスを複製するメッセンジャーRNAの部分を人体に投与することにより、ウイルスの一部のタンパク質(抗体)が細胞内で合成され、発症と危篤化を防止、免疫が獲得することができる。

製造・開発に5年ほどかかる従来のワクチンとは異なり、遺伝子ワクチンは、製造、開発に時間が非常に高速効能も高いものとなっている。 インフルエンザやHIV(ヒト免疫不全ウイルス)などの感染症、癌、アルツハイマー型認知症の予防と治療への応用が期待されている。 しかし、これまでの遺伝子ワクチンが承認され、実用化に踏み切った例はなかった。 今回、英国が初めてだ。

READ  中国のプローブは、月に行ったその日、米国の宇宙観測の象徴 "アレシボ天文台」が崩壊| Business Insider Japan

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close