経済

「東京で最もクールなもの」:日本で最も古いトイレアクセサリー

TOKYO – 日本のトイレは様々な機能で海外に知られるようになっており、最近特に注目されているのがまさに騒々しい噴出を遮断するために白い騒音を出すスピーカーです。

このデバイスのアイデアは、実際にその国の古代の「恥の文化」に根ざしています。

昨夏、東京オリンピック期間中に訪れたスポーツ記者の中には、トイレの内部に設置された装置について水音を再生する装置について報告しました。

ある記者は、アクセサリーについて「東京で一番クールなもの」と絶賛し続けていきます。 別の人は、「鳥の歌」を再生するデバイスを聞いて驚いたと説明しました。

2013年、米国旅行会社は日本に居住する外国人女性200人を対象に日本に到着した後、最も驚いた点を尋ねました。 最も多くの回答者(27%)が歌うトイレを挙げた。 2番目に大きいグループは23%で、「自動販売機の種類が多い」と答え、「コンビニが多い」という20.5%がその後に続いた。 また17%は便器のビデ機能が最も驚きだと答えた。

しかし、音響機器はいつデビューしましたか? この最初の製品は、1979年に東京に拠点を置くトイレアクセサリーメーカーOrihara Manufacturingによって販売されました。 水流の音を電子的にシミュレートし、空気清浄機として機能する世界初のデバイスは、会社の社長である渓一原氏によってEtiquette Toneと命名されました。 名前が示すように、消化の最後の作用で恥ずかしい音を取り除くように設計されています。

1988年、TotoはOtohimeを導入し、続いて装置を指す一般用語となりました。 日本語で、 自動 「音」を意味し、 「プリンセス」と発音しますが、この音節を一緒に発音すると有名な民談に出てくる海底王国の姫名と同音異義語になります。

製品を開発する前に、内部アンケートを通じて、女性の従業員が身体の識別力の不足だけでなく、女性用の生理用品を脱衣または使用している間、屋台から出る他の音のために恥ずかしいという事実を会社が理解するのを助けました。

製品開発者の松山哲也氏は、「最初は機械的なサウンドを使用していますが、2011年から録音された実際のストリームのグロスを使用しています」と述べました。 このデバイスは鳥のさえずりをオーバーレイすることもできます。

1990年にダルセット装置のバージョンを初めて発売したLixilも流れる水の記録を使用します。 2018年には、日本中部の浜松にある電子機器メーカーであるRolandと協力して、Sound Decoratorという騒音遮断製品のための特別なガクガク効果を開発しました。

リクシルの川井信太郎代表は「心地よい音を出し、体の音をなくす性能を高める」と話した。

しかし、無分別な体を覆う文化は、2世紀以上の日本の江戸時代(1603-1868)にさかのぼります。

日本西部倉敷市にある約1,300年の仏教寺院であるレンダイジには、大きなガス泡の音を取り除くために使用された実際の装置がそのまま残っています。

と呼ばれる otokeshi no tsubo、または「音に沈む瓶」は、寺院のゲストビルの後ろにそびえ立っています。 高さ2mの石柱の上に直径約50cmのブロンズボウルで構成されています。 開くと、瓶の側面に取り付けられた蛇口が水を放出し、床に置かれた焼いた粘土板を打ちます。 チャジャン、古代のホワイトノイズ。

ゲスト用バスルームはユニットの後ろにあります。 池田家の大名が客宿に泊まったとき、大名がトイレにいる間、側近が蛇口を間違えたそうです。

「昔は suikinkutsu寺院副社長の佐伯朝州氏は、「跳ねる音とともに鳴る」を焼いた泥皿の下に設置してそれを補強しました。だからこの装置は美しい水音で恥ずかしい音を取り除いてくれました。

1799年、火災後に寺院が再建されたとき、溺死瓶が設置されました。

「当時そのような装置があったのは、レンダイジと将軍の妻と後宮が住んでいた江戸城区域だけであり、日本全域でより広く使われ始めました。

「しかし、この寺院は昔の姿をそのまま保っている唯一の場所です」

Etiquette Toneと他のミュートデバイスが古いサウンドカーテンを復活させました。 しかし、近代的なアクセサリーには、水の消費を減らすための追加の目的があります。

トトはアンケート調査を通じて、女性の回答者が音のない姫なしでトイレを使用すると平均2.3回水を下げることが示されたが、そうでない場合には平均1.5回水を下げることがわかった。 同社によると、400人の女性が働くオフィスで、この装置は年間5,500キロリットルの水と約386万円(34,000ドル)の費用を節約できます。

「元の目的 [for Orihara Manufacturing to develop the Etiquette Tone] 会社営業チーム長の矢野岩尾氏は「水の消費を減らすためのもの」と話した。 製品が発売される当時、東京は異常な干ばつに苦しんだ。 当時、東京都水道局局長はエチケットを持って集会場に行った。 Yanoによると、メンバーがアクセサリーの利点を理解できるように、気分の良いトーンを示しました。

COVID-19の流行の中で、LixilとTotoは、水を降ろす前にふたが自動的に閉じる便器モデルを拡張し、ウイルスが飛び散るのを防ぎました。 浴室で使用されるだけでなく、多くの水調節装置には、ユーザーが触れることなく操作できる非接触機能があります。

ユーザーの微妙なニーズに注意を払ったデザイナーによって開発された日本のトイレ製品は、腸を大きく動かす人が当惑を避け、水の消費を減らし、潜在的にウイルスを遠ざけるのに役立ちました。 彼らは進化し続ける可能性のある古代のトイレの文化にありました。

READ  シュガー:G7、国際社会主導

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close