スポーツ

「楽しい」長谷部誠、フランクフルトと契約延長

前日本の主張長谷部誠がアイントラハトフランクルトと1年の契約延長を結ん2021-22年にドイツの最高の飛行シーズンを通過すると、球団は月曜日に発表した。

フランクフルトでの共同最長寿選手の37歳の長谷部は、現在ブンデスリーガ4位イーグルスとの7シーズン中、ドイツバンク・パークで核心人物として残っています。

2018年、今年のアジアインターナショナル選手は1年以上の契約することを決定する前に、ブーツを掛けておくことを考慮したと述べた。

「ほぼ1年前に私は今年の夏に引退するだろうと思っています。 しかし、今シーズンは、私はまだスタイルが良いことを示してくれたので、心が変わった。 アイントラハトで1年以上走るようになって嬉しいです。」長谷部はクラブ公式サイトのインタビューで語った。

他のアジアの選手よりも多くのブンデスリーガ試合を繰り広げた静岡県出身、2008年Jリーグ1部リーグで浦和レッズからボルフスブルクへ移籍した。 ヌィレムブルクで働いた後、2014年夏にフランクフルトに移籍した。 。

長年、日本船長は2018年にロシアのワールドカップ大会で三番目の大会であるロシアワールドカップ以降、国際業務から退きサムライブルーを16強に導いた。

守備的MFとしての名声を得たHasebeは後でセンターバックに切り替えました。 しかし、彼は今シーズンフランクフルトでミッドフィルダーの役割を担って多くの活躍を見せまた、定期的に主張腕章を着用しました。

今季の日本代表FW鎌田大地から大きな貢献をされたアイントラハトは、現在チャンピオンズリーグ停泊場所にありますが、長谷部はチームがホームゲームに集中しなければならないと述べた。

「明らかにチャンピオンズリーグは大きな夢ですが、私たちは足を地面に向かってする必要があります。」と彼は言いました。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  タイガー・ウッズは、追加の治療のためにロサンゼルスの病院に移されました。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close