エンターテインメント

「気をつけて世話をする」:エンターテイメント会社COOは、Covid-19ロック期間中に従業員を維持しました。

シンガポール – Mr Romell Song(45歳)は、コンサートや音楽イベントを主催するライブエンターテイメント会社IMC Group Asiaの最高経営責任者です。 シンガポールに本社を置いており、Capitol Theatreと*Scape Ground Theatreのライブ会場も管理しています。


過去2年間で私たちが失ったのは時間でした。

IMCは2008年の設立以来中国に事業を定着させましたが、2018年にはよりアジア中心的な会社として位置づけるために本社をシンガポールに移す戦略的決定を下しました。

アジア最大の音楽やライフスタイルフェスティバルのひとつになるワンラブアジアフェスティバル(One Love Asia Festival)を含め、シンガポールで活動を始めようとした瞬間にコロナ19が迫りました。

世界は文字通り閉鎖状態に陥り、ライブ音楽エンターテイメント産業は前例のない衝撃を受けました。

今、私たちは2年後にいます。

商業的に最も合理的な方法は、できるだけ多くのコストを削減し、後ですべての人を再雇用することですが、すべての人が給与を受けることができるように最善を尽くしました。

キャピトルシアターで開催されるAL!VEコンサートシリーズで、可能な限りライブコンサートを継続的に推進しており、既存の安全管理措置を遵守しました。

国境管理のため、マレーシアと香港で2年以上家族と再会できないスタッフがいました。

今年の中国の旧正月には、家族とできるだけ多くの時間を過ごすために飛行機と陸路の交通機関を設けました。

READ  メッツvs. フィリス - ゲームの概要-2021年4月5日

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close