経済

「無料」は永遠にないですか? 「Googleフォト」が無制限の保存を終了することを意味| WIRED.jp

グーグルの「Googleフォト」は、発売5年以上に渡って、写真の管理アプリに推薦する無難な選択の一つであった。 機能が豊富で、多くのデブワスで使用することができ、機能が高速で使いやすく、そして何よりも重要なのは、解像度が “高品質”( “圧縮”丁寧な呼称である)の場合は無料で、無制限に写真を保存することができるものであった。

そのエヴィスの規約が変更される。 2021年6月からGoogleフォトでは、ユーザーの負担が増加する可能性があることが11月11日(米国時間)に発表されたものである。 データの保存が15GBを超える課金されるようになるという。

ここでの変更について明確にすることが重要である。 まず前提として、すべてのGoogleアカウントに15GBの無料ストレージが付与され、これは一般的に「Gmail」のメッセージと添付ファイル「Googleドライブ」に保存されたファイルは、元のサイズでGoogleフォトに写真をアップロードデータなどで消費される。 この点については変更がない。

ところが、現在の写真をアップロードするときの写真のサイズを最大16メガピクセルで変更できるオプションがあり、この写真と解像度1080pまでの動画は、15GBの制限に含まれなかった。 それ2021年6月1日以降新たにアップロードされる写真ならどんなサイズにも保存容量にカウントされる。

「価値に合った変更」を決定

幸いなことに、従来の「高品質」の写真と動画は、来年5月までにアップロードされた「高品質」の写真は15GBの制限が適用されない。 「もちろん、人によって使用量は様々ですが、80%のユーザーは、ほぼ3年間は限界に達していると思います」と、Googleフォト担当バイスプレジデントのシームリットベンなけれイル説明している(また、Googleのスマートフォン「Pixel」シリーズでアップロードされる「高品質」の写真は、引き続き制限が免除される)。

「多くのユーザーが思い出の場所にGoogleフォトを信頼して利用しています。単に優れた製品だけでなく、長期的なヴィスを提供することが重要であると考えています」とGoogleフォト製品のリードのデビッドリブTwitterに投稿している。 「現在だけでなく、長期的にこれを可能にするために、エヴィス(コンテンツ保存)の価格設定をユーザーが享受主要価値(どこからでもアクセスすることが人生の記録を保存することができる利便性)に合わせてものにしました」

結局、ヴィピースを完全に停止するしまうよりも、有償化し、維持するのが良いということだ。

一度Dropboxが提供された写真の管理ヴィス “Carousel”ユーザーが口を揃えて言うように、クラウド・ストレージを提供する事業者を失うから戻ってくることは困難である。 そして、Googleはこれまで人気のあるヴィスの提供を中断することを躊躇し(長期間見られたRSSリーダー「Googleリーダー」の中断を思い出してください)。 そして、Googleのリブによると、ユーザーが直接請求することが広告を介してお金を稼ぐより望ましいようだ(こちらは、今まで検討されていない)。

代替の選択は?

それでも思い出を保存する場所にGoogleフォトのみに依存することに多くのユーザーにとってありがたくない変化である。 上限を超えると、ストレージの拡張計画は、100GBで年間20ドル(日本では年間2.500円、月額250円)ですることになる。

Googleは現在、アップロードの状況に応じて、ストレージが制限内に収まる期間を推定するためのツールを導入している。 また、来年には、アップロードされたデータでかすん写真や暗い写真、長い動画などを削除したほうがよいことを容易に見つけることができるようになる。

Googleフォトのヴィスイーツ完全に停止されているよりも、有償化のほうがいいのは確実である。 しかし、元のように多くの人々がヴィスを使用する主な理由は、無料と無制限の価格が小規模の衝突を引き離してきたからだ。 これまで、Googleは、Googleフォトでの損失を出したこともありますが、ユーザーの囲い込みに成功したものである。

これに対してアップル “iCloud”ストレージは利用料がGoogleと同じで、iPhoneユーザーに魅力的な選択肢になることがあります。 しかし、この場合、数年の画像と動画ファイルを新しいプラットフォームに移動する必要が不便さが生じる。

「Amazon Photos」は、無制限のフル解像度の写真を保存すると5GBの動画保存容量を提供していますが、このを利用できるのはAmazonプライム会員だけだ。 他のユーザーは写真や動画を一緒に5GBの容量に増やしたい場合はAmazonプライムに登録したり、有償で1テラバイトの計画(日本では年間13,800円)を申請することになる。 さらに、この計画は、GoogleとAppleのものよりもはるかに容量が大きい。

無料は永久的で

無料は永遠ではない。 最も人気のある人々のデータを飲み込ん機能(Googleフォトは、毎週280億件の写真や動画がアップロードされている)のいずれかにGoogleが手数料を開始するという決定は、残念なこともありますが、驚くべきことではない。 しかし、それはGoogleフォトのヴィス停止と広告の表示は、代替よりも望ましいことは確かである。

一方、クラウドストレージとライドシェア料金、購読楽しむ映画など、消費者にも適した条件が継続することは、それを提供する企業が競争を排除してしまうか、途中で倒産しまうまでする──。 そんなことを改めて実感する出来事だった。

※「WIRED」による、Google関連の記事はここにある。

READ  「Surface Laptop Go」を発表 - 軽量、8万ウォン台の12.4インチノートPC - CNET Japan

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close