エンターテインメント

「現代と平安のハーフのように「伊藤沙莉映画「十二単衣を着た悪魔」インタビュー無音と発光!?「クリスマスソングを年中無休で承っております(笑)」| ガジェット通信GetNews

内館真紀子氏の小説を原作に、黒木瞳さんが監督を務めた映画「十二単衣を着た悪魔」が新宿ピカデリーほか全国公開中。 メインキャスト伊藤沙莉さんの初公開インタビューを提供しています。

多くの名作を生み出してきた脚本家・小説家内館真紀子氏が「源氏物語」をテーマに奔放で強い女性で成長していく青年の姿を描いた長編小説「十二単衣を着た悪魔源氏物語異聞」を元に実写化。 誰もが一度は目にした話だといっても過言ではない源氏物語だが、光源氏はなく、桐壺帝の正室で源氏物語では少ししか登場しない宏徽殿王女(こきでん尿宿泊)に焦点を合わせて自立した強い女性像が描かれています。

本作は、現代では、就職に苦戦して弟に劣等感を持つように百獣の主人公伊藤雷(伊藤未来/年伊藤健太郎)が「源氏物語」の世界旅行! 弘大徽殿王女(三吉彩花)に会って陰陽師として活躍して成長する物語です。

そして「源氏物語」の世界では雷に会っ妻がされているリンコ(事後)を伊藤沙莉さんが演じています。 伊藤沙莉さんは引き受けた役割の見どころと久々の共演となった伊藤健太郎氏の引き上げなどの話を聞きました。

※この取材は、10月に実施したものです。 以下、伊藤沙莉さんは苗字ではなく、下の名前で表記します。

リンコは落雷から現代の影響を受けている」紀子は非常に幸せな物語 “

– 沙莉さんが出演したドラマ「良い! 光源氏くん」徒歩とあったので、今回の出演を聞いて、「源氏物語」に縁があると思いました。

沙莉:ありがとうございます! 事実 ‘十二単服の悪魔」が撮影時期が速い。 だから「良い!光源氏群」で光源氏を演じた千葉雄大さんに「大変、その服」とよく言っていた。

– では、まず体験することができたので良かったですね。

沙莉:そうですよ。 着物運動障害などは、事前に知ることができて良かったと思いました。

– 今回の作品は、弘大徽殿王女が特色のあるところがまれですが、台本を読んだ感想を教えてください。

沙莉:この作品がとても良いと思ったのが、光源氏を素材にした作品は結構でしょう。 しかし、また、少し味が違うか、集中ところが違うだけで、こんなに他の世界観がされているんだなと感じました。 現代でもすごく勇気を受ける女性は多いんじゃないかと思います。 そして、この前タイムリーにテレビ(働く女性の成長を描く)映画「プラダを着た悪魔」が放送して、この作品との関係がなく、まったく別のものですが、描かれている女性の立っている位置がリンクして見える部分があり面白いと思いました。

– 黒木監督からどのような方向を受けましたか

沙莉:密に「そう」と指示されていることはなかったが、リンコはシーンに応じて、かなり演出が違うのです。 リンコという一つの揺るぎない軸がありますが、雷と一緒に過ごす時間が長くなるほど、現代の影響を受けるような場所があります。 だから、突然普通に歩いて。 「少しずつ雷に受けている文化のようなものがあるから」と呼ばれる。 現代と平安のハーフのようになっていくでしょう。 そこには目的だったか、と感じました。

– 面白いですね。 演技に、リンコウルどんな人と捉えていますか?

沙莉:リンコはとても純粋なので、非常に美しい女性だと思いますが、それだけで雷と会わなかったらと思うと、ちょっと怖いくらい自信がない子供のために…私は本当に運命の出会いだったなと思います。 短い人生の中で誰か1人が自分の運命を変える人に会うことができとかなり事件でしょう。 その意味でリンコには非常に幸せな話したことはないかと感じました。

「無音と狂ってしまう(笑)」

– 雷は、現代医学が旅行したため、平和の世界で活躍することができたが、沙莉さんが旅行したときに持っていきたいのは?

沙莉:私は音楽プレーヤー。 生涯ポータブル動く奴があればいいですね。

– 太陽電池であるといいかもしれないですね(笑)。 その音楽が好きなんですか?

沙莉:音楽が好きか、流れないと無理です。 無音と本当に狂ってしまう(笑)。 家でもずっと音楽がかかっています。 引き続きクリスマスの歌を聴いています(笑)。

– 継続クリスマスの歌を!?

沙莉:クリスマスの歌は、最も心の平和を維持するために、ずっと年中無休で聞いています。 私はクリスマスの歌が聴ければ、まずは心の平和は維持されるので。 心が平和でなければ何もできないので、どこに行ってもそんな感じで生きていきます(笑)。


– 主演健太郎さんとの共演は久しぶりですか?

沙莉:久しぶりでした!

– ドラマ「ドランコンポジットガールズ」(2015)以来、?

沙莉:そうですね。 当時は18歳(健太氏)と21歳(沙莉さん)だったため、もう5年前。

– 久しぶりに公演されて印象の変化があったか?

沙莉:元健太郎の演技がすごく好きで。 互いに硬く決定入るタイプではなく、投げ戻ってくることが、リアルな反応であるので、そのような演劇の場所は、私が一番楽しいと思いますので、そこには、現場の中心に健太郎はほとんど与えて良かったです。 リンコは途中から登場するので、現場には3日程度しかなかったのだが、非常に心強いしました。 何よりも、やはり5年という歳月はすごい感じたのは(健太郎氏の雰囲気が)非常に重い、と思いました。

なんかすごく人間味人でしょう。 適切地に足がついているので、それは非常に魅力的だと考えて、その中でとても自由演技をするので、見ていて面白いし、まだ非常に良い俳優だと思いました。

伊藤健太郎の熱演に「私のおかげであったね(笑)!」

– 本作は、「源氏物語」の世界を旅する話だが、沙莉さんが今旅行したい場所はどこですか?

沙莉:私の人生で初めて実施した外国人がイタリアウーディネでの映画祭に行きました。 昨年あたりから初めて個人の海外旅行に挑戦し、フロリダ州で起動すると、次はニューヨークや王道ところ行こうと思ったとき、このような状況(コロナ禍)がされてしまう。 そうなると、その後また最初から始めたいと思って、原点のウディネていきたいと考えています。

– 本作の見どころについて健太郎氏が後半沙莉さんの演技が素晴らしいし、次の熱演シーンに感情が入って非常に参考になったと言われました。

沙莉:今の話を聞いて前から思ってましたが、現代に戻った雷胸の苦しさの表現が本当に素晴らしいと思いました。 私のおかげだったね(笑)!

スタッフ一同:あはははは!

出撃:しかし、実際には “ああ、クール」だと思ってましたよ。あそこは微妙な感じだから、そのまま未練か、あまりにこの表現は好きではありませんが、男らしく、同じ方向に見えてもおかしくない。しかし、難しい感情の表現がむしろ男らしかった。これは、特に言うこともなく表情と泣いか、全身で苦味とマイナス方向の心があふれてしまう。感情を「出す」ものではなく、「あふれる」というのはとても難しいと思うし。それをここに押し付けることなく、ただ漏れているというが私のスクリーンで見てもカッコイイと思ったので、そこに何かを力添えていた場合良かったです。

– 二人の熱演をぜひスクリーンで確認していただきたいです。 ありがとうございます!

関連記事:
堤幸彦「映画のマジックを見た!」白石線」黒木監督の手腕に脱帽 “映画「十二単衣を着た悪魔」日本を代表する監督たちの歓呼のコメント続出!
https://getnews.jp/archives/2761268

「十二単衣を着た悪魔」11月6日(金)から新宿ピカデリーほか全国で公開中
[줄거리]
現在就職試験59連敗中! フリーター伊藤雷は文武両道の弟に引け目を感じていた。 そんなある日、「源氏物語」に関するイベント設営のバイト道に家の近くで雷雨を迎えアルバイトも目撃した奇妙な光に吸い込ま気を失った。 目が覚めたそこはなんと平安時代には、その紫式部によって書かれた「源氏物語」の世界だった! タイムスリップしてしまった雷は、皇妃・弘大徽殿王女と息子一宮に会う。 口から出てくるお任せ陰陽師 “雷”を自称し、子を皇帝しようと野心に燃える弘大徽殿王女に翻弄されながらも徐々にインスピレーション一念発起する─。

伊藤健太郎三吉彩花
Ito Sari Tanaka Uto OkimonとKyu MIO YAE Tezuka Masao / Hosoda Yoshita LiLiCo Murai Ryota Kankin Taiki(EXIT)
戸田菜穂ラサール石井伊勢谷友介/山村紅葉笹野隆
監督:黒木瞳内館真紀子「十二単衣を着た悪魔源氏物語異聞」(幻冬舎文庫)脚本:他の來未音楽:山下康介雅楽監修:東儀秀樹
テーマ:OKAMOTO ‘S “History”(Sony Music Labels)
製作・配給:キノのフィルムズ製作:木下グループ
(C)2019「十二単衣を着た悪魔」フィルムパートナー
公式サイト:juni-hitoe.jp[링크]

READ  今日誕生35周年! 「スーパーマリオブラザーズ」の歩みを振り返る - GAME Watch

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close