スポーツ

「生きる伝説」レブロン・ジェームズがレイカーズと契約を2年延長、20年目まで現役決定 – バスケットカウント| Basket Count

アンソニー・デイビスとの再契約も決定展望

今月36歳になるレブロン・ジェームズがレイカーズと契約を2年延長することに合意した。

「ESPN」によると、レブロンは、2年総額8500万ドル(約89億ウォン)に見られる大型契約に署名した。 今キャリア20年目の2022-23シーズンまで現役を続けることになる。

レブロンは優勝した昨シーズンの平均25.3得点を記録した以外にも、10.2アシストとキャリア初アシスト王に輝くなど、30代後半に突入しても減らは全く見えない。 また、昨シーズンはシーズンMVPの最終候補に選ばれた他のヒットとのファイナルで平均29.8得点、11.8リバウンド、8.5アシスト、1.2スティールを記録し、ファイナルMVPも受賞して大活躍した。

肉体の管理に年間100万ドル単位の金額を注ぎ込んたと言うレブロンの性能を見る限り、大怪我さえなければ、まだ数年はピークを維持することができように見える。 もちろん体調に応じてプレイタイムを制限する必要が年齢に達していたが、レイカーズ自分の信仰は厚く、チームリーダーとして、また作り直すシーンでプレーを決定することができるクラッチプレーヤーとして、今後もチームの勝利に貢献するものである。

これは推測だが、レブロンの契約延長に合意したということは、友達アンソニー・デイビスの再契約発表も近日中に考えてもいい。 この解除はドワイト・ハワード、ラジョンロンドダニー・グリーンなど、昨シーズンの優勝メンバーが脱退したが、昨シーズン六番目の男を獲得したモントレッズ・ハレルを筆頭に、デニス・シューホルダー、ウェズリー・マシューズマーク・ガソルを追加し、2連覇に向けたロースター編成に成功した。 レブロンとの延長契約により、レイカーズは再び時代を構築する地盤を固めた。

NBA史上初の他の3チーム(2012年と2013年はヒット2016年キャバリアーズ2020年レイカーズ)ファイナルMVPを受賞したレブロンは通算得点(3万4241得点)で歴代3位の成績を残している。 今のペースでゴールを量産できれば、2021-22シーズンカリーム・アブドゥル・ジャバーが保有している歴代最高(3万8387得点)の記録を更新する可能性もある。

キャリア晩年になるとプレイより精神的支柱」メンター」として重宝される選手が多い中、レブロンは今も現役最高の力を維持している。 少なくとも今後3年は現役でプレーを見ることができることが決まった “キング”の新しい活躍が期待される。

READ  樽香ベンチスタートWシリーズ第2戦/速報中 - MLBライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close