理科

「生命の可能性がある星」は、銀河の数がありますか?|ナショナルジオ| NIKKEI STYLE

ナショナルジオグラフィック日本版
「ハビタブルゾーン」にある地球サイズの惑星であることが初めて確認されたケプラー186fの想像図(ILLUSTRATION BY NASA AMES / JPL-CALTECH / T. PYLE)

私たちが住んでいる銀河(天の川)は、地球と似たような条件の惑星が3億以上かもしれない。 新しい研究で銀河の「太陽に似た星」の約半分が「ハビタブルゾーン」に岩石惑星を持つという結果が出た。 ハビタブルゾーンは恒星と惑星で構成され太陽系の中で液体の水が存在することができる領域である。

「我々はすべての待っていた科学的成果です。」と、今回の研究を行った米カリフォルニア大学サンタクルーズ校の天文学者ナタリーバタおくべきだろうと述べた。 研究成果は、天文学専門誌「Astronomical Journal」に掲載が許可された。

今回の結果は、ドレイクの方程式の重要な変数のいずれかを与える。 1961年に私は(私のナディアドレイク氏)の父である天文学者フランク・ドレイクが考案限り、この方程式は、銀河の文明の数を計算しようということで、この式を構成する7つの変数のいくつかは、すでに明らかになっている。

しかし、「太陽と似た恒星の中で、地球と似たような惑星を持つことの割合」については、「1000分の1か、100万分の1である本当のところは誰も知ることができません」と外界指摘生命探査(SETI)研究所の天文学者セスショーのスターマーク氏は言う。

天文学者たちは、地球に似た惑星を見つけるに米航空宇宙局(NASA)のケプラー宇宙望遠鏡による観測データを利用してきた。 ケプラーは、9年間太陽系外惑星を探して活躍。 2018年の任務終了までに約2800個の太陽系外惑星を発見したが、そのほとんどは、太陽系の惑星とは似ても似つかないものだった。

研究チームは、今回の地球のような惑星がどのよう一般的なのかを計算する欧州宇宙機関(ESA)のガイア宇宙望遠鏡の助けを受けた。 ケプラーの観測結果に銀河全体の運命を監視するガイアの観測データを追加することにより、研究チームは、最終的に銀河に地球と似たような惑星がどのようかどうかをもたらした。

ドレイクの方程式

ドレイクの方程式は、7つの変数を使用して、銀河の文明の数を推定する。 「太陽系の太陽に似て恒星の割合」と「それぞれの太陽系で生命が居住可能な惑星の数」などの要素を考慮して、そこから「条件を備えた惑星で生命体が進化する」確率と “その生命体が地球で発見することができる技術を開発する「確率を考える。 この方程式は、技術に精通した地球外生命体は、太陽のような恒星の周りを回る惑星で進化すると仮定している。

「天文学者、このような惑星を見つけることについて話したときに、実際にはドレイクの方程式について話しています」と、米国ペンシルバニア州立大学の天文学で生命が居住可能な惑星の研究をしているジェイソンライト氏は言う。 また、彼は、今回の研究では、参加していない。

READ  インド、科学者たちがデータ公開のためにModiにアピールすることにより、事例提出 - NBC Connecticut

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close