「私はアルコール中毒者」:日本グループトキオの元アイドル、もう中毒に対する講演をする

Estimated read time 1 min read





2023年11月24日、名古屋市中村区で山口達也さんが自身のアルコール中毒経験を講演している。 (Mainichi/Sanami Kato)

名古屋 – 人気男性アイドルグループトキオの元メンバーであり、現在日本全域でアルコール中毒について講義している山口達也(Yamaguchi Tatsuya)は「私はアルコール中毒者です」と告白しました。

そうして山口(51歳)は最近名古屋で芸能界に成功し、家で毎日お酒を飲んだ過去を振り返って講演を始めた。 22歳でCDデビューをした後、30代になるまでほぼ毎日お酒を飲んだ。 「世界が広がるにつれて友達が増え、「一杯に行きますか?」 私の挨拶だった」と言った。

彼の飲酒スタイルが変わったのは40歳になった頃だった。 当時彼は午前、テレビの生放送進行と芸能撮影のために全国を回り、人生で最も活気に満ちた日々を送っていた。

アルコールの目的は、友達と楽しい時間を過ごすためのツールから単純な「酔う」に変わりました。 山口は「明日も忙しくてただ一杯飲んで寝なければならない」と思って家で酒をたくさん飲み始めた。 当時、彼は睡眠を2~3時間しか眠れず、睡眠障害を患っていたようだ。

彼は「睡眠薬を飲んでお酒を飲んでいた」と語った。 「私は仕事をすることができましたが、それは異常な飲酒方法であることに気づいていませんでした」

山口は去る2018年に酒に酔った状態でセクハラ容疑で起訴された書類が検察に送付された後所属事務所を去ったが起訴は猶予された。 その後彼は自らアルバイトをして酒も控えたが、「とても痛くて孤独だった」と打ち明けた。

2020年のある夜、彼は苦労しながらも酒を飲んだ。 翌朝、前日の夜の記憶がない状態でバイクに乗って事故を起こして逮捕された。





2023年11月24日、名古屋市中村区で山口達也さんが自身のアルコール中毒経験を講演している。 (Mainichi/Sanami Kato)

彼は「私に何が起こったのか気になった。初めて恐れて病院に行って心からお酒を切って助けてくれ、助けてほしいと懇願した」と回想した。

彼はアルコール中毒専門病院に行った。 彼は自助会に会い、同僚のアルコール依存患者と話をする過程で自分と和解することになった。 彼は「とても忙しい中でも「私がこの仕事をすることができるか?」と他人と比較していた」と話した。 「あの人が私よりもっと笑うね」と思った」と打ち明けた。

山口さんは今年3月に自身の会社を設立し、様々な場所で講義をしてきました。 彼は「生涯この病気を抱いて生きることに決めた。私の経験を他の人に話すことが私にとっては一種の治療法になった」と落ち着いた笑顔で言った。

去る11月末、名古屋で開かれた彼の講演は、中毒に対する大衆の理解を深めるために市政府精神健康福祉センターが主催したものでした。 登録開始1時間も経たず、320席がすべて満たされ、大衆の高い関心を実感させた。 センターYouTubeチャンネルにはまもなく山口さんの講演後、感想とメッセージが掲載される予定です。

(日本語オリジナル:加藤真奈美、名古屋ニュースセンター)

READ  ムンバイ:映画評論家ラシッドと74歳死去| ムンバイニュース
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours