理科

「科学の人種主義と戦う」──生物学的決定論のウサギの穴に落ちた(後編)| WIRED.jp

人種の生来の遺伝的傾向に関する研究は、学術業界だけでなく、政治の場面も台頭しているが、元のような研究が基にしている「人種」とは何を指しているのだろうか。 科学ジャーナリストのアンジェラの間ニーの根底「科学の人種主義との闘争──人種概念の起源から最新のゲノム科学まで “(東郷エリカ:翻訳、作品社)の内容を紹介する本の記事次の方は、「幻」に展開される遺伝学研究の正体を精密に焼いていく。

「科学の人種主義との闘争──人種概念の起源から最新のゲノム科学まで “

アンジェラの間君:私、道後エリカ:翻訳、作品社2020年5月刊、¥2,700

※本記事は “科学の人種主義との闘争──人種概念の起源から最新のゲノム科学まで「(アンジェラ間君:私、道後エリカ:翻訳、作品社)の「11魔術師──生物学的決定論のウサギの穴にはまって “から抜粋したものを前後編に分けて転載しています(一部の著者によるジュンリャクワ細部の編集を含ま邦訳版と同じではない)。邦訳版はアメリカの書誌情報を参照してください。

競争は自然な遺伝的傾向であるという信念は深く根を下ろしている。 例えば、現代の固定観念の一つは、アジア人の優れた認知能力に関するものである。 リチャードリンとジョンフィリップパラシュートトンなど人種研究は、米国で実施された実力テストの結果を見て、世界で最もスマートなのは中国人、日本人など東アジア人に違いないと推測した。 知能研究者のジェームズ・フリンは、1991年に発表した調査を実施したときに、これら東アジア人が、実際には、米国の白人とIQの平均は変化しないことを発見した。 それにもかかわらず、アジア系アメリカ人は、大学入試のSATの大学入学試験ではるかに高いスコアを得ることが多い。 アジア系の学生は、最終的に専門職や管理職、技術職に従事確率も高い。 したがって、これらの人々の強みは、文化的なもの──親が協力的で勤勉など──し、成長によって与えられたものである。 東洋人は単に平均的に努力する傾向があったのだ。

アンジェラの間ニー

英国の科学ジャーナリスト。 “科学の女性差別と戦う──脳科学で人類の進化の歴史まで「(東郷エリカ:翻訳、作品社)は、英国物理学会「Physics World」で、2017年Book of the Yearに選ばれた。2018年にイギリスのジャーナリストで最も尊敬されるジャーナリストの一人に数えられる。

少数民族の一員として、世界のどこかで育った人には特に経済的な理由移民、白人と同等になるためには、2倍は働かなければならないと言ってきた私たちのように、同じ人にこれはあまり驚くべきことではない。 英国に住む中産階級のインド人(両親が所属するグループ)の間では、文化的な圧力は、一般的に子供たちに、医師または薬剤師、弁護士や会計士になるように迫る。 これらの職業は尊敬を、高級キャッチであり、勤め口に難なく適切な資格があれば、すぐに雇用につながることが多い。 これら中産階級社会に入るための安定した道である。 移民とその子供たちの間では、医学はそれほど絶対的な名声を持ったという先入観このため、英国の医学協会が集計した最新のデータによると、英国の医師の四分の一程度がアジア人であるか、英国系アジア人だという。 もちろん、これはインド人が良い医者になるためではなく、文化が無言の漏斗役割を果たすからである。 同様に、女性は看護師などの人の世話をする仕事に社会がそれを期待しますがのために誘導される。 文化は無意識のうちにも、特定の生活と仕事の人々を挟んだ。

これらの固定観念が時代とともに変化することを、私たちは覚えている。 今日のアジア系アメリカ人は、模範的な少数民族とみなされます。 しかし、1世紀以上前に、ヨーロッパの民族科学者たちはアジア人を生物学的に劣っ存在であると考え、自分たちと最下層の人種と呼んでいた人々のどこか中間にあった。 1882年に、米国は中国人排斥法を通過中国人移住労働者は、全国シチズンに望ましくないという理由で入国を禁止した。 今、日本が数十年の間に非常に繁栄を遂げ、インド、中国、韓国がそれぞれの豊富なエリート層と一緒に急速に成長しており、その固定観念は別の方向に変わった。 人と国が繁栄すると人種偏見はターゲットを変えるものである。 今までもずっとそうしてきたように。

*

「古い人種の固定観念がどのようにされたかを考えてみてください」とエリック・トルコハイマーは私に促す。

「100年前のギリシャ人はIQが低いと、人々は確信していました。はい、南ヨーロッパの人々ですか?それは一体何が起こった?誰かが盛大科学的研究を実施うち、ギリシャの遺伝子を調べたか?いや、そんなことは誰もはありません。ただ時代が流れ、ギリシア人は、100年前に置かれていた不利な状況を克服したので、今では問題なく過ごしており、誰もこれ以上そんなことは考えていないことです。このような事態は、すべてそのように行われました。私たちができることは、世界が変わって、生来の具わったように見えられた差が溶けて、人の柔軟性が、それを克服するのを待つ」

しかし、待っているのは苦痛である。 そして待っている間、研究者は、世界の各信頼で研究に使用レンズをあまりにも簡単に汚れ続けてその作成私の研究は人種の既成概念に影響を及ぼし強化するされる。

READ  都内保健所アンケート40%以上が「調査検討する必要が " :東京新聞TOKYO Web

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close