エンターテインメント

「職場での逃げたかった」出会った半年ぶりに応用結婚した女性の言葉なので、 “オンライン化”を心配である| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

婚姻届と離婚届のオンライン化が検討されている。 これまでに3万件以上の相談を受けてきた夫婦の問題の研究が岡野敦子氏は、「婚姻届を簡単にすると、結婚までの過程を無視する傾向が結婚の手続きを慎重に進めなかったことが離婚の原因となった夫婦もいる”は – 。

写真= iStock.com / diamondp

※写真はイメージです

筆記離婚書類提出までに時間がかかる

政府は、婚姻届と離婚届押印廃止とオンライン化を検討している。 これにより、日本の結婚と離婚はどのように変わっていくのか。

もし捺印が廃止され、オンライン化が進んだ場合は、まず懸念されるのは、離婚件数の増加である。 たとえば、デンマークで2013年に離婚のオンライン化を導入したが、離婚件数は増加した。 婚姻届をした夫婦の約半分に達したこと、社会問題に発展したという。 このようなことが日本でも起こることがないかという懸念の声もある。

明らかに、現在離婚届の提出は、当事者2人の証人2人の署名と捺印をしなければならず、時間がかかるのは事実。 離婚の精神的な負担感と自分の判断に迷いに追加面倒な事務作業があるかに離婚届を提出する障害物の高さを感じる場合もあるかもしれない。 そのような点で、オンライン化の普及と、インターネット環境が整っていれば、いつでもどこでも離婚届をすることができますので、今まで以上に簡単に離婚できるようになる。

不幸な結婚生活を延長より速く送信することががいい

しかし、離婚手続きを簡素化することが欠点とは断言できない側面もある。 なぜならパートナーのDVや重ね風の債務等による現象が不幸だと思って結婚すれば離婚が正式に決定までの努力と時間を最小限に抑えるたいもの。 いたずら不幸な結婚生活を延長ではなく、「幸せを目指すための離婚」で把握人生を再チャンスを迅速かつ確実に手にすることが望ましいことがあるからだ。

もちろんだからといって下手離婚を決定するのではなく、パートナーとの関係を良好に修理していくためには、お互いが努力することが大前提。 さらに難しいようであれば、少しでも早く次の幸せをつかむために “肯定的な離婚」を断行する選択肢もある。

READ  「現代と平安のハーフのように「伊藤沙莉映画「十二単衣を着た悪魔」インタビュー無音と発光!?「クリスマスソングを年中無休で承っております(笑)」| ガジェット通信GetNews

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close