World

「脱日本」の成功を強調しすぎて韓国…輸出規制から1年の実態はどうなって急騰した韓国フッ化水素製造州| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

昨年、日韓の間にねじれにねじれ韓国「ホワイト国の取り外し」騒動1年が過ぎた韓国と世界の半導体産業に「影響を与えた」という事実であるか

写真= YONHAP NEWS /アフリカの

約1年前、韓国で日本の半導体材料の輸出 “規制強化」に反発した日本製品不買運動が起こった。

「日本とは別の道を歩むこと」ムン・ジェインが自信を持って

今年7月9日、韓国の文在虎大統領が自国の半導体メーカー、SKハイニックスを訪問した。 京畿道利川市の会社で「(輸出規制)韓国経済に大きな打撃になるという懸念があったが、一緒に力を合わせて、これまで1つの生産に支障もなく危機をうまく克服してきた」と自信を持っての程度を見せ、「日本とは別の道を歩く」「グローバル先端素部供給大国に跳躍していくだろう」と胸を張って見せた。

これは、約1年前の韓日葛藤を意識した発言だ。 昨年7月1日に日本が韓国に対して輸出管理」制度の運用の見直し」不和ポリイミド、レジスト(感光材)エッチングガス(フッ化水素)は、半導体材料を包括輸出許可の個別の輸出許可に切り替えたことを発表した。 すべて日本が世界市場の70〜90%を独占してさらに韓国産業の生命線である半導体製造に欠かせない素材だ。

経済産業省よれば、この措置を取った理由は、①日韓間の信頼の喪失、②韓国の輸出管理の不適切な事案が発生2つ。 2018年の国連北朝鮮専門家パネル報告書は、北朝鮮の船舶用ディーゼルを乗船した船舶を取り巻く調達ネットワークについての記載が2019年のこの報告書は、韓国が個性の南北共同連絡事務所に石油精製品を取得した件についての記載があり、元韓国が戦略物資を扱うことは、日本側から疑問が数度あったようだ。

それだけではない。 昨年5月17日に朝鮮日報が156件、違法輸出事案リスト(そのうちの50%がバイオ関連して、大量破壊兵器関連が3分の2 2016年から3年の間3倍)を明らかにした発表直後の7月12日には韓国国会の予算特別委員会の質疑に反対、日本に輸出されたフッ化が日本の輸入統計に計上されず、消えていること、野党議員が指摘している。 また、国内の半導体企業が日本で輸出した高純度フッ化水素を韓国工場のほか、中国の現地工場に再輸出していたとも報道された(日本経済新聞2019年7月20日)。

READ  台風に停止した原子力発電所...「気候の危機に原子力発電所は、代替ではなく、危険」=韓国:政治•社会:hankyoreh japan

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close