スポーツ

「腸内細菌事業」経営者・鈴木啓太「人生正反対」のカズとヒデ東京学んだものとは – Jリーグ – Number Web

浦和レッズ、日本代表として活躍した鈴木啓太さんに第二のキャリアについて聞いたインタビュー記事の後編です(前編はこちらの記事の最後のページの下の「関連記事」もご覧いただけます)。

鈴木慶太は予測性に優れた選手だった。

守備では相手がどのように動いてくるかの攻撃は味方がどのように動かそうとしているか人よりもはるかに技術があるのもフィジカルが滅法強いわけでもない。 頭を動かして前を読んで、体を伸ばして信頼を得てきた。 日本代表は、「考えて走る」を標榜するイビチャ・オシムの評価されたのも納得がいく。

しかし、外では、予測がよく合っていたかのように見えても、本人からすればそんな感じはない。


「例えば、守備の話をすると、10個の施設を読んで該当するのは、約1個または2個程度、すなわち8つは合っていない。すべての予測が当たっていれば、私のポジショニングミスは起こらない失点しないことですよ。それでも予測と仮説を立てています。しかし、その時点で考えの幅に過ぎません。その幅を超える予期せぬことが起こるから対処しようとする人は成長する。少なくとも私はそう思います」

予期せぬことが起こっても、心を乱さ

予測よりも重要なのは、むしろ扱い。

合うかのみまいその後の対処こそに重点を置いていた。 取引可能な選手という表現こそ正鵠を得ているのかもしれない。

予期せぬことが起ころうとも決して心を乱さずに対応に集中する。 これはプレイに加えて、彼は「自分の人生そのもの」と断言する。

「サッカー人生も予測というか計画することです。私は高3の時スカウトされていましたが、「プロ2年目に試合に出ること以下は、この程度のお金を得ることができる選手になり、「とか考えていることです。

しかしながら、実際にプロが見れば「君はクビだ」と言ったことがあるか、アテネ五輪最終予選までのオリンピック代表のキャプテンをしても本線なかったり……例えばきりがないほどいろんなことがありました。 計画の幅を越えることは半ば当然で、結局はそこからどのようにするか?

もちろんよく出る人もいますが、私の場合はそうではなかった。 計画通りに進行されることがありますが、むしろそのまま進まないことがはるかに多い。 「どのように?」という問いてきたのが、自分の人生であり、自分のプレー。 そして、これはAuBもそうです。 予測できないことが起こっても、何とかしようとすることで自分も会社も成長することができますので、 “

[다음 페이지]「組織は常に変化していかなければならない」

READ  レッドブルF1サステナビリティ推進プロジェクト」NO BULL」を発表[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close