エンターテインメント

「落ちた!?」同志監督も感心! 窪塚洋介が言った、 “転落事故” 17年目の真実| Asagei Biz-アサクラフトビーズ

深夜に突然広がる「泥酔インスタライブ」がファンの間で大好評窪塚洋介(41)。 深夜ラジオもお酒に酔って衝撃のエピソードを明らかにした。

「ちょっと待って!離れたよ!?」

驚愕の声を出したのは、映画監督堤幸彦氏(64)。 9月16日深夜に放送されたラジオ番組「TOKYO SPEAKEASY」(TOKYO FM)で久保津カイ2004年の「アパート転落事故」について、国税庁と汗一言は、長年「同志」とすることができ堤監督を心の中を驚かせそうだ。


「その日のラジオで共演した窪塚さんと堤監督は、2000年放送の「池袋ウエストゲートパーク(IWGP)」(TBS系)でチームを組んだの間そこ窪塚氏は「キング」の愛称を持つカラーギャングのボスを初演引き受け視聴者に強烈な印象を残しました。その翌年窪塚さんは、映画「GO」で、当時としては史上最年少で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞するなど、飛躍のきっかけとなったドラマとすることができます ” (映画監督)

この「IWGP」の久保や煙について堤監督は、このようなエピソードを明らかにしている。

「その久保つしたキャラクターは、私の演出がありません。すべての久保塚本人々が考えたのです」

事前協議で堤監督は、自分が抱いた「王賞」を窪塚に提案しようとしたところ、「それを知っていますけど監督はこのように過ごしたスから1回見てもらって非常に良かったスから〜」とまさか逆提案を受けたという。規約二十歳の俳優が演出に介入したことで、堤監督は「ムカトできた」と当時の心境を振り返りましたが、彼の提案を受け入れること。久保州カード「王役 “よく陥ったことについて、「堤氏の品ありきだから」と感謝を口にあてていた。

また、窪塚は、当時のイケイケ時代について語り始め、ついに「マンション転落事故」で話題に及ぶ。 人気絶頂だった2004年のアパート9階で墜落し命をとりとめたという知らせは、今も伝説として伝えられているが….

「あん時の音色としましたよ。何か、人の一挙手一投足に世界が反応してくれるようなものが取りは、自分があり、その結果、アパートから落ちてくると…」

だから堤監督が思わず「待って! 離れたよ!?」とツッコミを入れる事態に….

「堤監督の問いに窪塚さんは一言、「空」と返したが、窪塚さんといえば、過去のインタビューで当日は、米国に行く予定だった明らかにし、転落自分意味ではなかったと説明した。 また、「神に怒られたと思っている」と特有の表現でていましたが、やはり何か目に見えない力によって「落ち」という認識は今も変わらないということになります。 「(芸能記者)

その窪塚は堤監督の最新作「ファーストラブ」に出演。 すでに試写会を見た窪塚は、その内容を「涙!」と絶賛していたが、来年2月に公開までどうか不必要なトラブルなど発生しませんように….

(石川智子)

READ  YOSHIKI発売前日に新曲発表セントビンセント一度も会わずにコラボ曲制作| ORICON NEWS

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close