世界

「表が消えた “トランプ”もがい」の徹底抗戦 – 社会:日刊スポーツ

ドナルド・トランプ、米国大統領(2019年5月26日)

米国の大統領選挙で劣勢になった共和党の現職トランプ大統領(74)が徹底抗戦に出た。 東部ペンシルベニア州の3つの州で法的措置を断行中西部ウィスコンシン再検査を要求する方針を出すなど「もがい」ともすることができる対応措置を取った。最終盤民主党でも前副大統領(77)は、激戦州ウィスコンシン州、ミシガン州で逆転。 選挙人の過半数(270人)を獲得した後、1段階まで迫る “集計が終わると、私たちが勝者になると信じている」と強調した。

◇◇◇

敗北は絶対認めない – 。 言わなかったが、トランプの心の叫びが聞こえたような動きだった。 ゆっくり離れてトランプは現地時間4日開票作業に対する不信をにじませ、「夜は多くの国では、私リードしていたが、魔法のように順番に消えた。本当に変だ」「(ミシガン州など)密かに大量の投票用紙が捨てられあった」と一方的に継続Twitterに投稿した。

表が開きながら、自分が不利になる」レッドミラージュ(赤蜃気楼=蜃気楼共和党色は赤)」の現実に直面したトランプ。 米国メディアは「失望している」と報道した。 陣営続々と対抗措置を連発。 ミシガン州、ペンシルベニア州、ジョージア州、各州で集計禁止などを求め提訴。 開票作業が公正かつ監視場所にアクセスすることができないと訴えた。 ペンシルバニアでは、メール投票の到着期限を3日延長決定を覆すよう求めて法的措置。 ウィスコンシン州で「正当性に深刻な疑い」があるとし再集計を要求する。カリフォルニア州得票率の差が1%以下であれば、再検査申請することができる。

バイデン氏は開票最終盤に訴えた。 トランプリードしたウィスコンシン州、ミシガン州で逆転勝ち。 共和党が強いジョージアでも瞬時に迫った。 米国メディア集計獲得選挙人は、253人や264人の数が並んで当選に必要な過半数獲得を査定に入れた。

コロナ流行に急増したメール投票が効いた。 民主党支持者の利用が多く、処理に時間がかかりますが、集計終盤に表が積み上げ上がる傾向がある。

すでにバイデン氏は「選挙後」を見据え4日、現地デラウェア州の演説で「270人の選挙人を確保するために必要な国で勝つことは明らかである」と勝利への自信を見せた。陣営政権移行チームのサイトを開設「政府発足初日から全力で取り組む」とのコメントを送った。

ただしトランプの法廷闘争によっては「最後の勝負」の時間がかかるようだ。 ブッシュとゴアが戦った00年の大統領選挙は、フロリダの集計をめぐる訴訟が最高裁まで競争の勝利確定で1ヶ月以上かかりました。 トランプが徹底抗戦を貫くと、混乱が続きそうだ、その作戦は共和党内でも批判が広がっている。

READ  「100円ショップで買い物をしたい」知的障害の息子うつ病夫脳梗塞の母を治療する女性の唯一の夢 "ストレスに口が帰ってしまった」| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close