世界

「誰かが私の孫の世話をする “ピザ空のボックスに悲痛なメモと新生児のメキシコ – ライブドアニュース

「誰かの世話」ピザボックスに新生児

ピザの箱に入ったまま発見された新生児(写真は

写真の拡大


世界中無限新生児と乳児遺棄事件であるが、今回メキシコでの報道に捨てられた新生児の横に悲痛なメモが添付されていた。 そのメモには、新生児の母親が亡くなったことが書かれていたという。 「The Sun」「Mexico New Daily」などが伝えた。

メキシコのサカテカス州ニュートラルメンテナンス告示プレスでは、過去10日の朝、ピザ空のボックスに含まれて捨てられていた生後1週間程度見える少年の新生児が保護された。

後で新生児は、政府の市民保護局に委ねられて健康状態を確認するために病院に連れて行った。 国Facebookに投稿した内容によると、捨てられた新生児は、メモが添付されており、このように書かれていた。

「誰かが私の孫の世話をするお願いいたします。私の娘は子供を出産する時に死亡してしまいました。私はこの子を育てる経済的余裕がありません。この子の人生がより良いものとなって、神が寛容を願っています。 “

新生児祖母だ人物が書いたメモには、多くの人が心を負傷したようだ。 また、これに対してニュートラルメンテナンス告示ミゲル・アンヘル・見レラ・ピネも市場(MiguelÁngelVarela Pinedo)が知られるようになり、サポートコストを負担すると提案した。 ピネも市場はSNSには、次のように投稿している。

「経済的に困難なために、赤ちゃんが捨てられた聞い心を痛めています。今回の保護された美しい赤ちゃんは、私たちが提携を持って世話を行くべきだと思いました。この子にかかる費用については私の負担していくと考えています。メモにあるように神聖な母神はこの子のおばあちゃんを許してくれることを願っています。 “

その後新生児は「天使ガブリエル(ÁngelGabriel)」と命名人々が見守る中、カトリックの洗礼を受けたそうだ。また、ピネも市場は知事に「新生児養子縁組が確実に行われるよう」と支援要請まで出している。

新生児を遺棄したおばあちゃんの情報は知っていないが、手厚い支援もエンジェル群に新たな家族を見つけるまでそれほど時間はかからないだろうと見ることができる。

画像は「Mexico News Daily 2020年10月9日」「Look after my grandson:「newborn found in pizza box “”のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部MasumiMaher)

READ  Shamima Begum:ISISに加入した英国の若者は、市民権のために家に帰ることができません。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close