世界

「警察が撮影されたダメ!」自由国の驚き法案に民衆が猛抗議:東京新聞TOKYO Web

21日、パリで警察官の撮影を禁止する法案に抗議デモに集まった人々=谷悠自分撮り

【パリ=谷悠己]フランスの国会で審議中の警察官の撮影を禁止する法案が波紋を広げている。 メディアと人権団体が「いつも」の表現の自由」の擁護を主張している国が自由を制限するのか」と反発。 21日には、20以上の都市で抗議デモがあった。

パリデモは7000人が集結。 言論労組幹部が「記者も有チューバ措置もすべてが発信する権利を脅かされている。このような法案を許すいいのか」と訴えた場合、聴衆は「自由を、自由 “を叫んで返す。AFP通信によると、世界的に総2万2000人が抗議の声を上げた。

法案には、「活動中の警察官と憲兵隊の顔と体を悪意を持って撮影拡散すること」を禁止し、違反時の最大金庫1年と4万5000ユーロ(約550万円)の罰金が課せ条項が含まれている。 与党による議員立法であるが、右派と極右野党も参加している。

背景には、デモ隊と郊外の若者たちが治安部隊と衝突する動画が会員制交流サイト(SNS)で拡散されて反感を呼び、警察官が暴行の対象になってきた実態がある。 吹かフィガロによると、昨年に暴行を受け負傷した警察官は、7400人で、15年間で2倍にする。

逆に、動画を通じて市民への暴力が明らかになった警察官立件された事例も多い。 与党は「言論の自由は保障される」と主張しているが「悪」の定義が曖昧で、各新聞も社説で懸念を示している。

マクロン大統領は風刺週刊誌シャーリボンの不渡りのテロ事件などで「表現の自由は、フランスの根幹である」と繰り返してきた。 フランスの全国ジャーナリスト、労働組合のドミニクプラ足に事務総長は、電話取材に「法案が通過ば、この国の表現の自由の危機」と怒った。


READ  追跡することができる島国英国:「合意のない離脱 "目の前にコロナ変異株で交通遮断| 今井佐緒里(フランス在住の作家)| コラム

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close