経済

「転売分野での従業員を守りたい」スターバックス福袋が「一方的支援」を維持する理由例年とは異なる1年に入れた “工夫” | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

コーヒーチェーン最大・スターバックス福袋は例年すぐに完売する人気商品である。 一方、その人気から、​​オークションサイトなどの転売も横行している。 転売目的の「転売よ」を削除し、従業員を守りながら提供するためにどうするか?スターバックスの努力を経済記者のタカ直之氏が取材した – 。

提供=スターバックスコーヒージャパン

商品本部リテール&ビジネスディベロップメント地域の後藤号さん

毎年「即完売」人気だけ

正月の風物詩の一つである「福袋」 – 。

これまで「初売りの象徴」として、顧客が店頭などで購入の姿が毎年報道されてきたが、コロナ流行に外出自粛が続い2021年新年はどのような状況になるのか。

福袋を準備する各社の対応も様々である。 実店舗での販売ではなく、「オンライン注文」に切り替えて、ご注文確認後発送する企業も目立つ。

その中には、毎年販売後の「即完売」の人気商品もあります。その一つがカフェチェーン最大「スターバックス福袋」である。

かつては先着順で販売したが、2018年から抽選制です高倍率が続く。 今回は全量オンラインストアで販売に切り替えたが、申し込みが殺到した。

この記事を書いている間はすでに提出→当選発表を通じて購入手続き(12月14日まで)も終了。 当選購入申請をした人は、年初の商品到着を待つされた。

いくつかの「考え」を福袋に入れてきたのか。 会社の責任者にインタビューを介して送信者側の考えを中心に紹介する。

2021のテーマは、「環境にやさしい&四季を感じることができる “

“福袋を介してコーヒーを楽しむきっかけを作って、さらに広げることができたらと思い、製品の設計を考えています。そして、コーヒー関連商品は、環境に配慮した要素も含まれていたことが、今年のみ”

このように説明することは後藤保護氏(スターバックスコーヒージャパン商品本部リテール&ビジネスディベロップメント部)である。 2019年から建設交通部リテールグループグループマネージャーで「福袋商品開発」の責任者もいる。

中身は開けてお楽しみだが、最後はコーヒーチケットなどの商品が入っていた。

会社公式サイトの「スターバックスの福袋2021」では、すでに内容の概要も伝えられているが、そこに記録されていないこだわりも紹介する。

「製品が入るトートバッグ生地はリサイクルコットンを一部使用した場合、キャンバス素材を採用しています。繰り返し使用できるステンレスタンブラーは、「四季の変化」をテーマにした限定デザインを施したものを、この福袋限定で用意しました”

バイヤーのための考えはこう続ける。

「タンブラーも使ってコーヒーを楽しんでいただくことで、味だけでなく、少し環境に配慮した考えをお客様にお届けしたい。また、外出も今のようにはならないようにされたこの時期にデザインで四季を感じることができるではないかと思います」

後述するが、外出もこれまで距離がない」は、他の考えもあるように感じた。

READ  小さくて可愛くて、高性能低価格! Appleの「いいとこ取り」した5G対応のスマートフォン「iPhone 12 mini」を第一印象[리뷰]- S-MAX

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close