トップニュース

「轟音、轟音、咆哮!」 日本、クマの攻撃のロック音楽を発表| 日本の

ロックンロールがクマの攻撃から人々を安全に守ることができますか? 日本のある地域は、そのようになることを希望しており、住民にursine居住者の脅威について警告する主義国家を依頼しました。

クマは、日本全域でよく見ることができ町で冒険を去ったとき、定期的に狂乱の狩りを触発します。 そこでクマは、住民を攻撃しても殺すもあります。

日本の北部の田舎でクマを目撃する回数が急増すると岩手県政府が地域全体に富ロクソンを依頼したという新しい反応が出ました。

「だから、子熊がかわいいと思いますか?」 悲鳴を上げるギターとドキドキ距離ドラムがバックに演奏され、歌詞が開始されます。

「その純真な考えを捨て!その子の近くに親熊があり、突然、あなたを攻撃することです!轟音、轟音、轟音、轟音、轟音 – 突然の攻撃することです!」

このトラックは、一対の現地60代ロッカーが作曲して演奏し、「絶対に背を向け逃げない “、”死んだふりをすることは効果がありません」のような冷静なアドバイスを提供しています。

歌手田口友禅(69)は、一度野原でクマに会った時、そのようなアドバイスが大きな助けになったと述べた。 彼はAFPとのインタビューで「あなたの前に一匹が表示されたら非常に恐ろしい」と話した。

「逃げたいが、私の祖父母は、数年前にクマに会ったら振り返らずに、ゆっくりと戻ってと言われました。

「子供の頃クマとの共存から出てくる田舎の知識を学びました。」

岩手県では、2017年の700頭から2020年3300匹以上クマを目撃した。

当局は、10月31日までの地域道端ショッピングセンターで演奏されているこの曲は、人々に安全を保つ方法を教えてくれることを希望します。

作曲家藤堂薫(61)は、元の曲をブルースナンバーで書いた。 しかし、過去50年の間にバンド活動をしてきた田口は自分のハウリングボーカルを加えアップテンポのロックツイストを加えた。

「クマは臆病な動物だとして外の歌を聞くと逃げるようです。」とToudouが言いました。

「これがロックンロールの力です。」

READ  西日本伝統的な祭りで山車で歌舞伎を演奏する子供たち

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close