経済

「迷ったらAir」と言える存在に。 M1搭載MacBook Airを選択すると、間違いなし(ホンダ雅一) – Engadget日本版

Apple M1を搭載する3種類のMacを評価した後、間違いなく最高の選択と自信を持って言うことができるのは、MacBook Airになります。 これは前回のコラムで既に言及しているので、改めて強調もないが、MacBook AirとMacBook Proの違いは大きくありません。

……と静かエクスポートしたが、デスクトップを希望の方は除き、今回のApple M1ベースMacBookたい方は、まずAirで検討しておけば間違いありません。

関連記事:

Apple SiliconベースのMac、3モデル徹底比較M1の性能は意外 “ほぼ”(本田雅一)

ProとAirの違いを整理

  • 110グラムAir分軽量

  • Touch Bar搭載の有無

  • Proは、スタジオ品質のマイク(方式は同じだが、音質が異なる)が搭載されている

  • バッテリー容量がProより大きい(58.2Wh、Airは、49.9Wh)

  • ディスプレイの最大輝度がProが高い(Proが500nitsにAirは、400nits)

  • Proのトラックパッドが大きい

  • 付属のUSB-C電源アダプタの出力(Proは61ワット、Airは、30ワットの充電にかかる時間に違いはあるが、相互利用可能)

軽いといってもiPhone 12 Pro Maxの半分程度、110グラムの重さであり、バッテリーはAirも呆れるほど長持ちします。 輝度が不足感じる場面もなく、トラックパッドも小さいが、一般的なWindowsのノートPCなどに比べると広い。

マイクの品質はかなり異なっているが、内蔵マイクの音声品質にどのよう執着するか(指向特性は、すべての話のための指向性があるので、変わりません)といえば、そこにも決定的な違いはありません。

ACアダプタに関しても持ち歩きにはGaN素子を用いた超小型の充電器を持っている人も多いのではないでしょうか。

以前MacBook Airであれば、ディスプレイがsRGBと呼ばれる部分にかかっていましたが、そこにも輝度比は変わらなくなってしまったので、Touch Bar + 3万円の価値を発見するかどうか? なっています。

M1搭載万能。 「迷ったらAir」と言う定番モデルとして

現在のケースのデザインになってからのMacBook Airは、Intelで言う「Yシリーズ」プロセッサに最適化されていたが、消費電力をギリギリまで抑制するため、パフォーマンスが良好ませんでした。

今年初めに出てきたIce lake搭載モデルは、パフォーマンスが大幅に向上したが、消費電力が増加したりして発熱がわずかに高い負荷が少し続くと、パフォーマンスが低下することが問題でした。 クアッドコアの性能を生かすことができないので、より安価なデュアルコアの安いモデルを個人的にお勧めしていたほど。 クアッドコアモデルを購入した場合、MacBook Proも下位モデル(2 Thunderboltモデル)を選択したほうが快適で、費用対効果も高かった。

本来ならば、MacBook Airは、「迷ったらAir」とするほど、どの定番製品必要があるモデルです。 価格の関係で、学生などの購入も多いですからね。 様々なXのキューズをつけたから、 “このような人は、選択してもいい」というのは説明的に流行難しかったようです。

ところが、M1搭載モデルの登場は、この関係が大きく変化しました。 M1を搭載する2つのMacBookは、すべてほぼ同じ性能を出すことができます。 もちろん比較テストに書いたように、10分以上継続的にCPUとGPUを使用できるように、同じ処理はAirのほうがケース温度は高くなり、性能も15%程度(または温度に応じて、もう少し)落ちるかもしれません。

しかし、やや離れたところで、モバイルコンピュータに「快速」ところが変化はなく、MacBook Airの価値を大きく毀損するとは思わない。 むしろ、Yプロセッサのみ(冷却ファンも使用している)、健康に動くことができませんでした前モデルの方の特別な位置づけだったのかもしれないですね。

後付けの感想申し訳ありませんが、Appleは、M1搭載のMacBook Airが投入されることを前提に設計をしていたのかもしれません。 その程度のM1の電力と性能のバランスがぴったりはまっています。 M1ベースのMacが気になる人の多くは、MacBook Airを選んでおけば間違いなし。 やっと「迷ったらAir」と言う定評がしました。 その意味で、iPad Airの大幅アップデート(迷ったらAir)と重なってね。

ProはProの役割も

はMacBook Proに意味はない? ということですが、Final Cut ProとLogic Proなどの専門のアプリケーションだけでなく、iWorkなどの文書作成システム、それにMicrosoftのOfficeなどそれなりTouch Barを使用するアプリケーションは、出てきています。 M1はデモで頻繁に使用されているdjay Proなども使用していますね。

内蔵マイクの品質を確実に聞く良い音で保持サイクルのために、オンライン会議などに役立つことができません。 しかし、オンライン会議などは、音の流れや生活音の混入を防止するために、ヘッドセットやイヤホンを使用することが多いでしょう。

実際に使ってみると確かに内蔵マイクの品質は高く、試しに録音したデータを掲載がRODEのNT-USB(外部コンデンサーマイク)ほどではないが、かなり鮮明な声が拾えます。

ということで、MacBook Proには、もちろん、存在意義があるが、元の「Pro用」だよりProのような用途のより強力な代替、具体的には、現在残っている4 Thunderboltモデルの代替時、Apple Siliconバージョンを選択たいと思っていることです。

問題は、それがいつだ! することですが、個人的には、少なくとも半年は開くことです。 可能性がある場合は、来年WWDCのタイミングで「開発者にぴったりApple Siliconが出てきた!」と新製品と一緒に開発者を喜ばせるためにシナリオがあるかもしれませんが、私でなければ1年後に予想されるApple M2のタイミングでしょうか?

数年に一度程度の大きなジャンプアップ。 Intelの切り替え時には、慎重に用途に合ったものを選択してから、Proを選択した場合、よりProらしく拡張性に優れたモデルが登場した時だと思います。

MacBook Airを気に理由は、もはや

さて、Airに話を戻します。 少し繰り返しになるが、MacBook Airを気に理由はもうなくなりました。 多少高い周波数のファン騒音を聞いて続け必要もなく、かといっ性能を放棄する必要はありません。

少しの処理をしただけで、ずっとCPUが高負荷が熱いケースを我慢しなければならないこともなくなりました。 ファンレスはるか涼しく使用することができます。 高い性能とは、同じ作業をしても負荷が少ないので、熱をつかむことは困難です。

互換性が心配する声もあるでしょうが、今手元に互換性のないソフトウェアは、ほとんどありません。 唯一の問題が出たのは、しようと入れたFortnite。 良好なパフォーマンスのIntelコマンドでの変換にもかかわらず、フレームレートもしっかり出ていましたが、プレイ後にロビーに戻ることができない問題が出ていました。 しかし、そうでは当分の間使用していないアプリケーションはありません。 Microsoft、Adobe当たり有名どころはもちろんです。

また、噂レベルではあるが、そのような有名どころでは、実機でのテストが一通り行われた後、来月くらいにはApple Silicon基本バージョンが出てくることが知られています。 あちこちで「AdobeのPremiere Proはどうですか?」と尋ねるが、気にしている間に、ネイティブバージョンが出てくると思います。 これは、Officeも同じことです。

ということで、MacBook系を検討していた人は、価格も安くMacBook Airを選択すると、間違いありません。 13インチMacBook Pro(2018 Late)を使ってきた筆者としては、キーボードの違いもありますので、特に魅力的な選択肢が写っています。


関連記事:

Apple SiliconベースのMac、3モデル徹底比較M1の性能は意外 “ほぼ”(本田雅一)

速い! 静か! 長い! M1版MacBook Proは、想像以上の完成度(西田宗チカ)

大学生よ! M1搭載のMacBook Proを購入し、ビデオの存在のプロを目指してみましょう(松村太郎)

最新のMacに搭載されているM1チップは何なのか。 その謎を紐解いてみる(ホンダ正和)

AppleシリコンMacBook Air発表した。性能手配でファンレス設計、M1チップ最初搭載

新生MacBook Pro発表。 Appleシリコン “M1″搭載、性能手配で最大20時間駆動

新生Mac miniを発表した。 AppleシリコンM1搭載でCPU性能最大3倍、グラフィックスは、最大6倍

AppleシリコンM1搭載MacBook Pro / Airをインテルモデルとの比較。 Airは、GPUコアの数に注意

AppleシリコンMac mini vsインテルCore Mac mini仕様の比較。手頃な価格と高い処理能力が売り

READ  イーロン・マスク氏創業のNeuralinkが開発した脳手術ロボットの詳細| TechCrunch Japan

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close