技術

「鉄拳7は十分に長くされて、

Tekken 7は注目に値する速度で成長し続ける新たな競争時代を真にウールたし、今のコミュニティを少しの交差点から出発しています。

最新のエピソード 原ダースバー、プロ選手DU | Genが出てきて鉄拳監督にしばらくの間、すべてのファンの心の中にあった質問」シリーズの未来は何ですか?」

現在作業中のすべてのものの新しいアイデアやキャラクターについて原田勝弘はもちろん笑いながら答えられない質問だと言うが、彼はまだ非常に興味深い引用を提供しています。

Haradaは「回答することができませんが、一つの言うことができます。拳7は十分長く持続しました。 “

私たちは、その文を額面通り受け入れたら、それは明らかバンダイナムコゲームから抜け出しているように聞こえるが、最終的にはそれが事実ではない場合があります。

HaradaはTekken 7が元2シーズンのコンテンツのみを受信するように計画された方法について話を続けます。 しかし、売上高が強すぎて、会社に多くを要求することを決定しました。

「まあ、これは非常に長い時間行われてきました。」とHaradaは言いました。 「2年が過ぎても、本当に収益性があります。開発コストを考慮すると、莫大な利益です。私たちは、販売最初2ヶ月で、すべての開発費用を回収しました。」

すでに確立されたゲームシステムでキャラクターを作成することが格闘ゲームとほぼすべての開発者がこの過去のコンソール世代に切り替えた新しいものに比べて作る方がはるかに簡単で安価であること、簡単に知ることができます。

Tekkenの開発チームの顔はBandai NamcoにTekken 7のシーズン5を作成するよう要求したかどうかを明らかにないが、それは彼らが望むことならば可能があることをほとんど意味します。

原田は「私は次の大統領を作ることができるか、大統領に尋ねたならば、彼は明らかに私に「いいえ」と言うことができなかった」と語った。

国際オフラインイベントが再び一般化し始めているトピックに移ってHaradaは、私たちが見ることができる最も早い時期は、2021年の終わりであり、来年は以前と同じだと思います。

それほど Tekken Online Challengeが再起動されます。 来月の 新しいバランスパッチがわずか数日で落ちます、したがって、少なくとも現在のゲームのためのサポートはまだ完了していません。

下からHaradaとGenの全体の会話を確認し、意見を介して監督の文の意味を教えてください。

READ  使用されていない製作費100万相当のVTuberモデルが無料配布| Mogura VR

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close