スポーツ

「長いCOVID」患者は、職場、学校で追いつくために苦労します。

昨年4月、新種コロナウイルス感染症(コロナ19)に感染した神奈川県のある高校生が、今は立ち上がるたびに脈拍が走るのを感じる。

それは彼女をほとんど倒す。

16歳の子供は身体活動後に強い疲労を経験します。 彼女はしばしばベッドで起こらないほど深刻です。

彼女はウイルスに感染してから1年が経っても回復できないことを発見しました。

「なぜこんなにひどい症状が現れるのですか?」 学生が怒って言った。

初めてコロナ19と診断されたとき、症状は軽度でした。 しかし、約2週間後、彼女はいつも疲れを感じ始め、頭痛を感じ始めました。

症状は彼女が学校に戻り始めたときに現れました。 彼女はいくつかのクラスを聞くのに十分なエネルギーしか持っていませんでした。

彼女は川崎にある聖マリアナ大学病院を訪れ、医師は彼女が自律神経系の不均衡によって人の血液循環に影響を与える姿勢起立性頻脈症候群に苦しんでいると話しました。

このため、彼女は学校のサークル活動を続けることができませんでした。 彼女はスポーツ推薦で1志望大学進学を諦めるしかなかったし、今年4月通信高校に移った。

彼女は、コロナ19感染後長い時間が経過した後、後遺症に苦しむ多くの人々の一人です。 彼女のような多くの人々は今、オフィスで働き続けたり、学校の授業に出席することが難しいことを知りました。

そして、1月に始まった6次感染の波の間に、より高い割合の若者がコロナウイルスに感染したため、世界中で知られているように、はるかに多くの人々が「長いCOVID」にかかるという懸念が高まっています。

京都府建設業者(44)は昨年8月、ウイルスに感染して2週間入院した。 しかし彼はその後後遺症に苦しんだ。

彼の医者は、彼が3日間危機的な状態で意識を失ったと言いました。

病院から退院したばかりで、彼は仕事に戻りましたが、約3ヶ月間気力が枯渇し、呼吸困難を経験しました。 彼の心はしばしば関係のない問題に集中するため、職場での作業に集中することが困難になりました。

彼は「こうしてはいけないと思った。 「後遺症が思ったより長く残る。 コロナウイルスの影響を過小評価してはいけません。

治療が難しい

東京渋谷区にある平畑クリニックの院長である平幡光一博士は、今年1月にオミクロン変種の急速な普及により、ますます若者、特に中学生と高校生が自分の病院に来院し始めたと言いました。

平畑議員は2年前、長期コロナ19患者のための別途診療科を開設した。 これまでそこで4,000人を調査しました。

平田氏によると、彼の患者の多くは「深刻な後遺症のために伴奏以上に休む」と、若い世代の人々は全体のかなりの部分を占めています。

これらの患者112人の半分以上が20代と30代です。

世界保健機関(WHO)は、長期COVIDまたは「コロナ19以降の状態」を、他の疾患とは無関係に少なくとも2ヶ月間持続するCOVID症状として定義します。

症状は感染後3ヶ月後に発生することがあります。

エネルギーが不足していることを感じることに関連する「脳の霧」として知られている認知障害は、人々が集中するのを困難にします。

セントマリアンナ大学病院の智也哲田氏は、「脳の霧は、感染の際により深刻な疲労を感じる患者にもっと頻繁に現れます。

後遺症がどのように発生するかは不明です。 考えられる原因には、免疫調節障害による炎症の進行と血栓症に関連する血管外傷が含まれますが、問題の原因についてはほとんど知られていません。

保健省は、4月の国内外の研究報告書に基づいて、医師に長期コロナ患者を管理する方法を示す指針の公式バージョンを発表しました。

ガイドラインを作った委員会には、川崎市保健安全研究所所長の岡部信彦(Nobuhiko Okabe)がある。

岡部氏は「現在では後遺症に対する明確な治療方針を提示しにくい」と話した。 「日常生活に支障をきたすことができる病気に苦しんでいる場合は、一人で悩むのではなく、医師と一緒に悩みを分けなければなりません。」

大衆は理解をほとんど示さない

長期間のCOVIDを治療するための確立された治療法はなく、症状がどれほど長く続くかを言うのは難しいかもしれません。

場合によっては、長いCOVIDのために人々の仕事を行うことは事実上不可能でした。

平畑は、2020年11月から今年4月まで、この患者の67%が自分の感染が仕事に悪影響を及ぼしたと述べた。 なんと41%が休暇をとり、7%は仕事をやめなければなりませんでした。

神戸市で行った調査の結果、長期間のコロナ19患者は、職場や他の場所で自分の健康状態を周囲の人々に理解させるのに苦労し、すべての問題を自分で処理するようにしておくことがわかりました。

昨年12月から今年1月まで行われた今回の研究は、2021年春に4次感染者が発生したときにウイルスに感染した人々を対象に行われた。

有効な回答1,608件中771件が後遺症を「経験したか経験している」と話した。

ほぼ20%はまだ咳が面倒だと言いました。 詩は症状に対する相談もたくさん受けた。

ある患者は「会社に復帰した後も咳が続くかと職場の人々が心配する」と話し、他の患者は「咳をするときにむやみに吐く言葉を聞くと心が痛い」と話した。

神戸市関係者は「今回の発見は、患者が周辺の人々の理解を得るために経験する困難をよく示している」と話した。 「企業の認識向上と精神ヘルスケア提供のための措置を促進します。」

(この記事は足立夏美、市原健吾、熊井弘美によって書かれました。)

READ  [미 켄터키 더비]2管制覇狙ういじめ者は17番フレーム、人気馬は枠に集中| 競馬ニュース - netkeiba.com

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close