「青緑色」水素は日本に脱炭素化の新しい道を提示します

1 min read

TOKYO – 日本産業機械メーカーEbaraは、潜在的に排出のない燃料バージョンである「ターコイズ」水素を生産する新しい方法を研究しており、2026年頃商用化して脱炭素化に向けた世界的な推進力を活用することを目指しています。 。

READ  東京2020オリンピック・パラリンピックとコロナウイルス
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours