世界

「非凡な時代には、非凡な措置」:大流行征服のための米国のアプローチ

米国はCOVID-19ワクチンと治療のための知的財産権の放棄を継続して圧力をかけることです。

米国通商代表キャサリンタイは木曜日バイデン政権が 多方面での作業 伝染病を終了するには。

タイはAFL-CIOの貿易連盟が主催する組合員のための仮想ホールで「非凡な状況は、特別な措置を必要とする」と語った。

このような努力には、6月末までに8000万回のワクチン寄付、ジョー・バイデン大統領が木曜日に発表した5億回追加寄付、そして知的財産権(IP)の制限免除を確保するための世界貿易機関(WTO)との交渉がれました。 ワクチンの権利と彼女は言った。

タイは「問題の複雑さを考えると、時間がかかることがありますが、私たちの目標は、できるだけ多くの人々にワクチンを提供することです。」とTaiはなお伝染病がすべての場所に封鎖されるまで終わらないだろうと付け加えました。

10億寄付のためのG7計画の重要な要素である5億個をより寄付するBidenの計画は、ワシントンがWTOでIP免除のサポートを中止することができるかについて、いくつかの疑問を提起しました。

免除は、ドイツ、イギリスおよびその他の国で反対します。 アメリカの同盟、アメリカのビジネスコミュニティです。

しかしBiden政権の関係者は、免除がコロナウイルスの世界的な生産を促進するために役立つと言いました。

木曜日Biden と述べた 初期エイズの流行と同様に危機は世界的な対応を要求して伝染病を止めなければ、世界の成長を抑制し、いくつかの国で不安定性を増加させることができます。

彼は「私たちは、世界のこのウイルスを倒すまで製造量を維持し、投与量を寄付し、イギリスで言うように、 “jabs」を武器に入れることです。

ワシントンアメリカン大学の知的財産の専門家であるショーン・フリンは、WTOが今年末閣僚会議で免除の交渉をすることが予想と述べた。

彼は免除を追求しワクチン寄付を増やすための措置をとる米国の「イデオロギー的柔軟性」を歓迎しており、新たなウイルス変異体は、先進国の数少ないメーカーによってワクチンの生産の必要性を強調したました。

Janet Yellen米財務長官は木曜日に、約24個の低所得国が人口の1%だけの予防接種をしたました。 「米国はワクチンを接種していない貧しい世界より豊富で、ワクチンを接種した世界で、より優れています。」と彼女は言いました。

製薬業界は、企業がワクチンを開発するために、独自の資金を投資しIPの権利を放棄すると、今後、これらの操作が弱体化されると主張します。

米国商工会議所のグローバルイノベーション政策センターの国際担当シニア・ディレクタのロバート・グラントは、知的財産権放棄がワクチンの生産を促進すること」証拠がない」と述べた。

「問題は、全世界のすべての国が「私たちは、知的財産権法を施行したり、実施していないだろう」と言い始めるということです。数年、これらの場所への投資根拠」

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  反政府デモに非常事態宣言から遠くタイ政府|六辻中指| コラム

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close