世界

「飲み会も通常の動作に戻りつつある」富裕層はなぜコロナ災害でも旅行に出かけるか会い学び経験を止めたくない| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

多くの富裕層との交流がある午後堂登敏夫氏は「富裕層の行動の中でも、コロナ流行にあまり変化がないことが旅である」と指摘する。午堂さん夫婦も、企業間のリスク管理を徹底して、旅行や飲み会の機会を設けている。 富裕層が旅行と人との出会いを重視する理由は – 。

写真= iStock.com / onurdongel

※写真はイメージです

目的は、リフレッシュ

この間雑誌の取材を受けた時、記者からこんな話を聞きました。

コロナ災害の富裕層の行動の変化には、例えば、家にいる時間が長くなっている投資を兼ね現代美術を購入するか、戦車より車での移動が増加したため、新車の買い替え行為などが見られたという話です。

一方、あまり変化がない行動です。 それは「旅行」です。

私の周りの富裕層や企業がコロナ災害でも家に隠遁なく旅に出ています(さすがに海外はほとんどないが)。

その理由は、やはり爽快です。

新しい発想が出てきたやすくなる

旅に出て非日常の環境に置かれる視点と視点が異なり、新しい発想が出てきたしやすくなります。 または、普段考えがないことを考えることができるとか、制約を蹴っ片付け考えられるとか、日常の忙しさから解放されることで視野が広がるという利点もあります。

知ることができない状況が発生して異質なものに触れると知ることができる。 改めて、自分が知っている世界と価値観と比較することになる。 普段何気なく常識だと思っていたことを疑うことができる。 そこに新たな仮説が生ま​​れることがあります。

そういえば私も、新しいビジネスのアイデアや本の企画を思いつくのは、例えば、新幹線や飛行機に乗っているときとか外を散歩するなどの場面が多いようです。

移動距離と所得比例関係にあるとすることもできるように、家と会社の往復だけでは得られない機会ももたらすだろうと思います。

だけでなく、長時間の家にいるとストレスがたまるという声をあちこちで聞きます。 私たちは自然と太陽の下で活動したいというのは、おそらく人間の動物の本能かもしれません。

READ  専門家は、「イランの経済がこれまで以上に崩壊するに近づいています。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close