経済

「高いフレームレートでゲームであれば、Intel “は本当なのか? Core i9とRyzen 9ゲームのパフォーマンスを比較してみた – AKIBA PC Hotline!

Ryzen 9とCore i9をGeForce RTX 3080を使って比較してみた

現在自作PC向けCPUはAMD Ryzenが人気を集めており、マルチスレッド性能などで高い性能を発揮している。 数年前であれば、ジャンルを問わず、パフォーマンスならIntelのCoreシリーズのような風潮だったが、雰囲気が変わっているのが昨今の状況である。

自作PC市場でAMD Ryzen好調があるが、すべての面でRyzenが優勢であることはない。 ゲームパフォーマンスは、特にハイフレームレート環境では、Intel CPUガラスという言葉は根強く聞こえる。 一方、現在のRyzen 3000シリーズは、ゲームでも十分速いという声もある。 今回のレビューでは、ゲームのパフォーマンスに焦点を当てて、両社の比較を見た。

また、AMDは次世代Ryzen 5000シリーズを11/5日全世界で発売発表したのに対し、Intelは2021年第1四半期に11世代のCoreプロセッサを投入することを告知しており、今後の競争も激化することが予想される。

今回ご紹介するCPUの特性などが次世代CPUに維持されるか、全く異なる状況になるのかは、実際にテストしてみないと見えない部分ですが、2020年10月末時点で、現行モデルのAMDとIntelのCPUにどのような特性があるこのような例を参考にしてもらいたい。

「ライジェン9 3950X」vs「コアi9-10850K」メインストリーム最上級モデルのゲーミング性能をテスト

今回のテストでは、AMDの第3世代Ryzen最上位モデル「Ryzen 9 3950X」とデスクトップ用10世代Coreプロセッサの最上級ブランドを冠する「Core i9-10850K」を比較する。 二CPUとの組み合わせのビデオカードは、NVIDIAのハイエンドGPU「GeForce RTX 3080」を搭載した「ASUS TUF-RTX3080-10G-GAMING」を用意した。

AMD Ryzen 9 3950X(16コア)の実売価格は税込79,800円前後で現在下落傾向。 Intel Core i9-10850K(10コア)は、税金55,980円前後となっている。

今回のCore i9-10850Kを選んだのは、最上位のCore i9-10900Kで動作クロック100〜200MHz程度低くなるが、ゲームでは差が非常に小さい比較的6,000前後も価格差があるので、より購入しやすいモデルとして選択した。

Core i9-10850K価格を合わせる場合Ryzen 9 3900X(12コア/税込55,980円前後)が公正ているが、内部コア(CCX)の構成の関係にRyzen 9 3900XはRyzen 9 3950Xよりゲーム用途に適していない側面があり、RyzenとCoreでどちらがゲームのために有利ショーに適合していない部分があるので、今回は最上位Ryzen 9 3950Xを使用している。

Core i9-10850KがRyzen 9 3950Xゲームのパフォーマンスを上回る場合には、当然上位Core i9-10900KもRyzen 9 3950Xを上回ることになる。

AMD Ryzen 9 3950X。 第3世代Ryzenの頂点に位置する16コア32スレッドCPU。

Intel Core i9-10850K。 最上位Core i9-10900Kに匹敵する性能を誇る10のコア20スレッドCPU。

その他の記載内容は、次の表に記載したPCパーツを使用している。

また、ビデオカードGeForce RTX 3080バスインタフェースPCIe 4.0 x16(32GB / s)を採用しているが、このをスペック通り利用できるのはRyzen 9 3950XだけでCore i9-10850KはPCIe 3.0 x16(16GB / s)で接続されている。 環境面で見ると、AMD環境はPCI Xpress x16スロットがGen 4に対応したのに対し、Intel環境はGen 3をサポート。 Gen 4用RTX 3080の性能をIntel環境でどこまで引き出せるかの部分も見てもらいたい。

ASUS TUF-RTX3080-10G-GAMING。 NVIDIAの次世代GPU「GeForce RTX 3080」を搭載したハイエンドのビデオカードである。

PCIe 4.0をサポートしているRyzen 9 3950Xと組み合わせた場合。 Bus Interfaceの表記を見ると、PCIe 4.0 x16に接続されていることがわかる。

PCIe 4.0のサポートしていないCore i9-10850Kとの組み合わせでは、Bus InterfaceがPCIe 3.0 x16接続されている。

CGレンダリングのベンチマークでは、AMD優位ゲームベンチマークでは、Intelの優位性

ゲームでの性能を確認する前に、ベンチマークテストでは、両方のCPUの性能をチェックしておこう。

最初に実行したのは3DCGのレンダリングテスト」CINEBENCH R20」CPUのパフォーマンスを測定するベンチマークテストで全体のCPUコアを使用している「CPU」のテストの点数で「9,138」を記録したRyzen 9 3950Xは「6,206」を記録したCore i9-10850Kに約1.5倍の大きな違いを出している。 CPUコアの数がパフォーマンスに影響をこれらの用途には、特にAMDが有利である。

シングルスレッド性能を測定する「CPU(Single Core)」のスコアはRyzen 9 3950Xが “523”でCore i9-10850Kが「524」という差がない結果であり、概ねRyzen 9 3950X優れが光る結果である。

CINEBENCH R20の実行結果

Ryzen 9 3950Xスコア。 マルチスレッドは、「9,138」で、シングルスレッドは “523”

Core i9-10850Kスコア。 マルチスレッドは、「6,206」で、シングルスレッドは “524”

続いて3Dベンチマークテスト「ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズベンチマーク」の結果を紹介する。 レンダリング設定を「最高の品質」に設定し、画面の解像度を「フルHD(1,920×1,080)」と「4K(3,840×2,160ドット)」とした場合のスコアを取得した。

フルHDスコアはRyzen 9 3950Xが「20,161」でCore i9-10850Kが「23,551」約17%の差をつけCore i9-10850KがRyzen 9 3950Xを上回っている。

一方、4KでのスコアはRyzen 9 3950Xが「14,299」でCore i9-10850Kのスコアは「14,984」こちらもCore i9-10850KがRyzen 9 3950Xを上回っているが、その差は約5%に縮小している。

画面の解像度 “フルHD(1,920×1,080)」描画設定」最高の品質”

Ryzen 9 3950Xのスコアは「20,161」

Core i9-10850Kのスコアは「23,551」

画面の解像度 “4K(3,840×2,160ドット)「描画設定」最高の品質”

Ryzen 9 3950Xのスコアは「14,299」

Core i9-10850Kのスコアは「14,984」

ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズベンチマークは、GPUの負荷が少ないフルHD時のCPUの違いが得点に反映された。 これは多くのゲームでは見ることができる傾向によりGPU負荷が低いフレームレートが高い条件ほどCPUのゲームパフォーマンスの違いが性能に反映されやすい。

この結果は、最近登場している280Hzと360Hz対応など、高いリフレッシュレートゲームモニターの表示性能を活用しようとすると、CPUの性能がより重要になるということだ。 今回のテストでは、フルHD解像度のゲームモニターを使用することを想定して、より高いフレームレートを出そうとしたときのCPUの違いがどのよう表示されることを確認する。

ハイフレームレートの対象からゲームのパフォーマンスの比較

それでは本題のゲームパフォーマンスの比較に入って行こう。 ゲームで60fpsをターゲットにする場合は、AMD・Intel一緒にCPUの性能がGPUにオーバースペックになる場合が多い。

しかし、280Hzと360Hz対応など、高いフレームレートのゲームモニターを使いこなそうとすると多くのCPU性能が要求されるハイエンドCPUは、これらの環境で真価を発揮する。 ゲームで高いフレームレートを狙ったときAMD・Intel、どのCPUがいいのか、またどの程度の差になるのかなどの部分を見せたい。

ポートナイト

ポートナイトは描画設定を「通常」に基づいて3D解像度を「100%」に設定し、再生データを利用した同じシーンのフレームレートを測定した。 グラフィックスAPIは、「DirectX 12」

Ryzen 9 3950Xが平均262fpsを記録したのに対し、Core i9-10850Kこれは約17%高い平均305fpsを記録している。 最大フレームレートと最小フレームレートもCore i9-10850Kの方が13〜19%高い数値である。

画面の解像度 “フルHD(1,920×1,080)」描画設定」の「3D解像度「100%」API」DirectX 12」

容器

VALORANTは、各描画設定を「高」に設定して、練習場で、同じコースを旋回したオのフレームレートを測定した。

平均フレームレートはRyzen 9 3950Xが419fpsであるのに対し、Core i9-10850Kそれ約26%を超える529fpsを記録した。

Core i9-10850Kの利点は大きいが、ここまで高いリフレッシュレートゲームモニターは市場に存在していないため、過度のものであるかもしれない。 しかし、グラフィックスAPIにDirectX 11を使用VALORANTは状況に応じてCPUのボトルネックが発生することができ、両方のCPUはすべて最小フレームレート200fps通り上がっているのはそれである。 手間時などでも高いフレームレートを維持するという点で、Core i9-10850Kが優位であることは間違いない。

画面の解像度 “フルHD(1,920×1,080)」描画設定「高い」

レインボーシックスシーズ

レインボーシックスシーズでは、描画設定「最高」に基づいて、レンダリングスケーリングを「100」に設定してベンチマークモードを実行した。 グラフィックスAPIは “Vulkan”

CPUのボトルネック緩和が期待できるグラフィックスAPIのVulkanを用いた場合でも、Ryzen 9 3950XとCore i9-10850Kの間に約7%のフレームレートの違いが出ている。 しかし、これらの違いは、最小フレームレート360fps以上の動作についたものであり、すべての現在の最速のゲームモニターの表示性能を最大限に活用できる性能を発揮しているという点で差がない結果であると言うことができる。

画面の解像度 “フルHD(1,920×1,080)」描画設定「最高」の表示拡張” 100% “API” Vulkan “

Horizo​​n Zero Dawn

Horizo​​n Zero Dawnで描画設定「最高」のベンチマークモードを実行した。

READ  コラム:ソフトバンクG、米ハイテク株投資に見える "本性" | ロイター

平均フレームレートはRyzen 9 3950Xが138fpsであるのに対し、Core i9-10850Kは151fpsで約9%高い数値である。 今まで紹介したゲームほど高いフレームレートの比較はないが、比較的GPU負荷が高いグラフィックス重視のタイトルで100fpsのも、この程度の差が出る場合もある。

画面の解像度 “フルHD(1,920×1,080)」描画設定”最高 “

Microsoft Flight Simulator

Microsoft Flight Simulatorでは、描画設定を最高の “ULTRA”に設定して、フレームレートを測定した。 測定を実施したのは、羽田空港から関西空港までAIの飛行ルートで離陸3分のフレームレートを得ることができる。

Microsoft Flight Simulatorは、マルチコアに最適化が十分とは言えないため、CPUのボトルネックが目立つタイトルである。 したがって、平均フレームレートはRyzen 9 3950Xで42.8fps、Core i9-10850Kは47.1fpsされ、両方CPUの間に約10%の差が出ている。

すべて30fps以上のプレイアブルフレームレートを記録しているという点に変わりはないが、Microsoft Flight SimulatorよりCPUのボトルネックが難しくなる状況も存在するために最善を目指すなら二CPU間についた10%の差は無視できないであろう。

画面の解像度 “フルHD(1,920×1,080)」描画設定」ULTRA」

高いフレームレートでゲームをするならIntel Coreシリーズが今ガラス

280Hz表示対応のゲーミングモニター「ASUS TUF GAMING VG2790M “

高性能ゲームモニターを活用すれば、フレームレートを適切に取り出すCPU / GPUが必要になる。 2020年10月末現在、ハイフレームレート環境はIntel Core i9が適当である。

現在、ゲーム用途での利点を持っているのは、Intelの10世代Coreプロセッサです。 次世代CPUでは、別の結果になるかもしれないが、2020年10月の時点で見ると、高いフレームレートでのプレーを希望するゲーマーに10世代Coreプロセッサがより良い選択になることがあります。

60fps /最高画質など党が目標にしたのであれば、AMD RyzenもIntel Coreでも好きなものを選択し、問題はない。 しかし、280Hzと360Hzをサポートするゲームモニターなどの性能を最大限に使用する用途では、Intel Coreが優位になる状況が多い。 自分が必要とする性能の環境に合わせて、より良いCPUを選択する手がかりに、今回の結果を助けてほしい。

また、AMDが11月に発売するRyzen 5000シリーズは、ゲームパフォーマンスの向上をアピールしており、Intelとの差をどこまで覆すことができるか、場合によっては超えることができているかなどの面でも注目されている。 また、Intelも11世代Coreプロセッサ「Rocket Lake」を準備しており、性能向上が期待されている。

ゲーム用途にも、次世代CPUがより高性能になることは間違いないと思いますが、コスト優先で落ちた古いCPUを狙う方法もある。 自作PCユーザーに、今後両社の性能競争に期待しながら、新旧のCPUを含むユーザー側の選択肢が増加にも期待したい。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close