エンターテインメント

「鬼滅の日」の2曲で大人気「LiSA「気候時代の晴れ着姿に「女性の呼吸 “| Smart FLASH /スマフラー[光文社週刊誌]

友達と参加した成人式晴れ着姿

鬼滅の日「勢いが止まらない。10月16日から公開される劇場版は、史上最速の興行収入100億円を突破し、関連商品も一斉に人気だ。

特に大ブレイクしたのが作品の主題歌を担当している歌手LiSA(33)。 テレビアニメ版の主題歌「紅蓮化(ぐれんげ)」は、オリコンで「平成の最後の1位」「令和初の1位」を同時に達成した。 劇場版の主題歌「炎(炎)」は、オリコンで3週連続1位を記録した(11月9日)。

2019年には「紅蓮の花」を掲げた「NHK紅白歌合戦」に初出場した。 「とにかく丁寧なスタッフにも気をしてくれる優しい人です」と音楽番組関係者からの評判も高く、11月9日には、2020年の「紅白」に出場決定が報じられた。

「彼女は中学時代から可愛かったのですが、何よりも歌を上手に学校でも目立つ存在でしたね。昔から「こんな人が歌手になるんだな」という感じだったので、今とても人気がされて、むしろ当然というか、驚かないだろう”

LiSAのように言うことは中学生の頃の同級生である。 LiSA地域は「剣の街」として知られている岐阜県関市。 本人は過去のインタビューで「水田山しかないところ」と言っていたが、自然豊かな中にも歴史を感じさせる街並みが印象的である。

ちなみに彼女の「紅白」出場が決定した2019年には、市役所や駅前には出場を祝う垂れ幕が出たという。 地域住民に話しかける」少し前まで関市の芸能人なら綾野剛(高校に関する都市)だったが、今はもうLiSA思いますね」という言葉が返ってきた。

そんな関市内の県営住宅に住んでLiSAはミュージカルスクールでレッスンを受けて育った。 だから音楽への思いを強化していった彼女は、小学校の頃、ダンスの勉強のために沖縄に。 その後中学2年岐阜県に戻ってバンドでボーカルを担当するなど、現地での音楽活動を本格的に開始した。 一緒にカラオケに行ったことがあるという高校の同級生は言った。

「基本的に明るく一生懸命お店でした。デビューしてからも新曲が出れば、CDを送信しました」

音楽活動と並行して、将来の上京のための資金を蓄積するために、飲食店などでアルバイトを始めた。 アルバイト仲間が当時の様子を振り返る。

“”かわいい “と言われ、お客様からも人気でした。バイトのメンバーは誰にでも親切に接してくれる優しい人でした。夢をかなえて努力している姿をテレビ越しに見ることができ、毎日興奮して”

本紙は、友人と参加したという成人式晴れ着写真を入手(先頭の写真)。 その姿から「女性」あふれる可愛さが伝わってくる。 「剣の街」が生んだ「歌姫」は、「ブレード」の曲で、スターの座を占めたのだった。

(2020年11月24日週間FLASH)

READ  TVアニメ「 "ひプノシステムマイク-Division Rap Battle-「Rhyme Anima」特集小野克己監督、シリーズ構成・吉田新北村京子プロデューサー座談会

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close