エンターテインメント

「鬼滅の日」公開16日動員1000万人突破 – シネマ:日刊スポーツ

アニメ映画「劇場版鬼滅ブレード無限列車編」公開に感謝の舞台挨拶に登壇した左から1つの夏希、日野聡、石田彰

漫画家申告頭呼世晴(宿泊首・こよはる)氏原作の人気漫画「鬼滅の日」アニメ映画化した「劇場版鬼滅ブレード無限列車編」(外崎晴夫監督)公開事例舞台挨拶が31日、都内で開かれた。 席上で主人公かまど炭治郎(かまど・丹次郎)を演じた声優かに夏希が公開16日、この日の観客1000万人を突破したと発表した。

既に開封10日25日現在のボックスオフィス(興行収入)107億5423万2550円、動員798万3442人を記録した。 興行収入で日本歴代最高の308億円を記録した宮崎駿監督の2001年(平13)のアニメ映画「千と千尋の神隠し」があった興行収入100億円を突破最速記録25日19年ぶりに大きく更新した。

松花江は「10月16日公開の「劇場版「鬼滅の日 ‘無限列車編」多くの方が見て、なんと観客1000万人を突破しました! 」と声を高めて伝えた。劇中で花火呼吸を使用火炎柱・煉獄(軟玉)杏寿郎を務めた日野聡が「まさかまさかだ!」と喜んば観客は割れんばかりの祝福の拍手が送られた。

映画の終盤で軟玉と格闘を演じた上弦の参照悪魔・猗窩桁を務めた石田彰は「皆さんご覧になったかのように無限の列車編は、このように着地した。おそらく、あなたの記憶の中に軟玉さんが!という気持ちで完全かと思いますが、冷静にしてください。(史上最強の敵)魘夢(ヘイズ)すごい感じ悪かったこと、炭治郎の夢が出てきて「ああ、この夢が続くといいな」と思ったこと、そのようなことを覚えてために戻って劇場にとていただければと思います」と観客に訴えた。

日野は、「無限列車側に関連するすべての方々が心を燃やす挑戦しました。全世界が難しいときだからこそ、家族と愛、生命のあり方、生きるこの現実を受け入れながらも、今後のメッセージを本作で受け入れていただければと思っています」と観客に作品に込めた思いを訴えた。

松花江は「多くの方々にお楽しみがございます。これからも炭治郎を延期することができた喜びと軟玉さんから寄贈された言葉を忘れずにこれからも頑張っていきたいと思います!」と笑顔を浮かべた。

「鬼滅の日」は、2016年2月15日発売の「週刊少年ジャンプ」で連載が開始し、5月18日発売の雑誌までの4年3ヶ月の間休載なく205回表示されますした。大正時代を舞台で炭治郎が家族を殺した悪魔と戦う授業して、「悪魔の虐殺大」に入隊して悪魔に変わった弟禰豆子を人間に戻す方法を探して戦っていく物語。 19年4月から9月までアニメが放送されて人気が爆発的に高まった。

今回の劇場版では、40人以上の行方不明者を出しているという無限の列車を舞台に炭治郎と魘夢と格闘が描かれた。 炎の息を使用火炎柱・煉獄(軟玉)杏寿郎が任務に挑戦する姿が初めて描かれたことが話題に後輩の炭地に励ましの言葉を投げるシーンが感動を呼び起こしている。

READ  就職活動生「裏アカ」、特定のサービス」の問題社員の採用をあらかじめ排除」をお激震:J-CASTトレンド[전체보기]

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close