エンターテインメント

「鳴らしベアーズ:ワイルドライフ」日本、オーストラリア劇場公開

中国の長編映画とTVのフランチャイズの最新長編作「鳴らしベアーズ:ワイルドライフ」が、日本とオーストラリアで公開する予定です。 このような動きは、中国の切符売り場の年間最高点である旧正月の映画封切りと密接に関連しています。

「鳴らしベアーズ “フランチャイズ”ワイルドライフ」の第七の長編映画は、金曜日、中国本土劇場で公開される予定です。 「探偵チャイナタウン3」と時間旅行コメディ “こんにちは、ママ」のような映画との対決です。

現地配給会社のFaceWhite Entertainmentは同日、日本で発売する予定です。 中国のようなウィンドウでも地域開封慣行に精通している会社であるChina Lionは一週間後(2月19日)、オーストラリアで映画を封切りする予定だ。

さらにCinemaguzzo Entertainmentは5月7日、カナダで映画を公開する予定です。

中国のディアスポラ人口の多い地域の中国商業映画の共同公開練習は、コロナウイルス感染症の前に根を下しました。 しかし、ウイルスの影響と政府の様々な病気の治療成功のレベルにより、調整が難しくなりました。

シリーズプロデューサー深センに拠点を置くFantawild AnimationはChina Lionがニュージーランドで劇場公開を行うことができると言いました。 しかし、アングロスフィアで最大の中国映画市場である米国と英国は、現在のところ限界がありません。

忍耐の必要性は、新しいものではありません。 「ワイルドライフ」は、昨年1月25日、中国本土の映画館で封切りする予定だ。 しかし、中国の旧正月連休まで二日しか残っていなく、ほとんどすべての国がコロナウイルス封じ込めコマンドを受けました。

「Boonie Bears」は、長年にわたって、中国で最大のアニメーションブランドで、保育園、学齢期のTVシリーズと保育園のリズムに最年少観客を楽しませました。 フランチャイズは年齢が多くの子供たちのためのコメディ冒険物語も含まれています。 Fantawild Entertainmentテーマパークグループの一部であるFantawild Animationは、すべての年齢の観客を対象に長編映画を発表するとします。 前の6編の長編映画は、中国のチケットオフィスで合計4億3,500万ドルを稼い応じました。

海外でFantawildの「Bears」は、約120の地域で、さまざまな形式で配布された。 英国のDisney、Netflix(ラテンアメリカおよび全世界)、Huluは、Amazon、DirecTV、Sony、Discovery Kids(LatamとMENA)とSkyとの重要なパートナーシップが含まれていました。

READ  大河内志保が信条さんとのすべての赤裸々告白本出版 - 芸能:日刊スポーツ

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close