理科

「2020年の科学の進歩’10線コロナ災害でも科学は着実に発展している – GIGAZINE



2020年には、世界的に新型コロナウイルス感染の被害に苦しめられた1年となりました。そんな中でも、科学は着実に進展があったことを示している」科学者が選ばれ、2020年の注目すべき研究結果」を、イギリスの大手紙・
ガーディアン発表しています。

科学者たちが、選択した2020年のウイルスのない科学的ブレークスルー| 科学| プロテクター
https://www.theguardian.com/science/2020/dec/20/the-virus-free-scientific-breakthroughs-of-2020-chosen-by-scientists

◆1:民間企業初の有人宇宙船打ち上げ成功
日本時間の2020年5月31日イーロン・マスク氏がCEOのアメリカの宇宙開発企業SpaceXこの民間企業では、最初に有人宇宙船「Crew Dragon」の打ち上げに成功しました。 2人の宇宙飛行士を乗せた「Crew Dragon」は、ISSとのドッキングに成功した後、同年8月2日に大気圏に突入、アメリカ、フロリダ州ペンサコーラの海岸に無事着手しています。


◆2:タンパク質の構造予測の修正
すべての生命は、タンパク質になっているが、そのタンパク質の三次構造がどのような形をしているかどうかを知っておらず、この50年間、生物学で重要な課題となっていました。しかし、2020年11月には、Google傘下の人工知能企業ディープマインドが「タンパク質がどのようにして、3次構造をとるか」を予測する新しい方法を発表しました。 会社のAI “AlphaFold「この深層学習システムを利用して、17万以上のタンパク質を対象にプログラムを訓練し、2020年11月に開かれたタンパク質構造予測精度の評価大会でグローバル距離テストを実施し、100点満点で92.4点の平均を出して見事1位を占めています。


◆3:新しい遺伝子組換え技術の発見
Emmanuelle CharpentierさんとJennifer A. DoudnaさんがDNAを非常に高い精度で変化させることができる技術 “CRISPR-Cas9「開発でノーベル化学賞を受賞した。CRISPR-Cas9は、DNA二本鎖を分離して、自由に編集することができる技術が発見により、農作物の正確なゲノム編集したり、新しい癌治療の開発などを行うことができようになっています。


◆4:貧困削減と環境保護の努力
貧困削減と森林伐採の阻止は、21世紀の重要な課題として、世界的に認められていますが、この二人は何の相関関係がないと考えられてきました。 しかし、研究者は、インドネシア7000以上の村に現金給付制度」家族の希望のプログラム「この導入されたことに注目し、家計が豊かになることが森林伐採を30%削減したことを明らかにした。貧しい農村地域では、森林伐採によって供給される安価な製品の消費が増加する傾向があるが、「定期的に現金を得ること「家計のやりくりがスムーズに進み、消費の対象に市場で生産されている環境にやさしい製品に移行する可能性があるという理由のひとつに数えられています。


◆5:各国が温室効果ガスの排出量を純ゼロ “Net Zero」を制定
2019年、イギリスの元首相であるテリー者メイ氏が「2050年までに、英国での二酸化炭素排出量をほぼゼロ」という公約を法的に制定したことが発端、中国のなどが続々と “Net Zero」の目標を宣言しています。現在、全世界のGDPの半分が「Net Zero」を掲げる国のものとなっているが制定した排出権を超過した金額を、他の国と取引するシステムも実質的な減少のための努力が停滞しているという指摘もあります。各国の「Net Zero」の達成率を確認することができるページもあります。


◆6:PTSDの治療に新たな希望
子供の頃に受けた虐待は、成人後の精神的健康に悪影響を及ぼします。 しかし、重要なのは、 “私たちが起こったことを覚えているのか」ということ。 2020年に開かれた」(PDFファイル)研究“は、子供の頃に虐待または放置を受けた人は、大人になってからの衝撃を覚えときだけ精神的健康が悪化するという発見がなされています。また、子供の頃の虐待を記憶成人虐待または放置が起こった客観的な証拠があるのかかどうかにかかわらず、うつ病、不安、PTSDや薬物乱用の危険性が同じ上昇虐待が、約20年後に尋ねられたとき、そのことを思い出さない子供たちは、虐待や放置を受けたことのない子供よりも精神医学的リスクが高いようなものという結果も出ています。


◆7:金星の大気に生命活動の痕跡ありと発表
2020年9月の調査では金星の大気に嫌気性微生物などの活動を通じて見えガス」フォース「この検出したと報告しました。この報告書は、2020年11月に再分析によって検出量が「10億分の1以下」に下方修正されたが、本来ありえない物質がそこにあったという事実は、多くの科学者たちを興奮させて楽しませています。


◆8:黒の科学者の躍進
ジョージフロイドの死“後部、ブラック生涯・物質が多く訴えました。 統計学の巨人、カール・ピアソンロナルド・フィッシャーが残した統計データは、優れたものですが、彼らは優生学思想を持っており、その見解に疑問を持ったことや見解は重要でないと主張することもあります。 ジョージフロイドの死をきっかけに、科学界を含む全世界がより人種差別について自分に尋ねる年にもなりました。 2020年に大きな事件でインペリアル・カレッジ・ロンドンの “クリストファー・ジャクソン教授「この1825年から続く英国Wangli研究所のクリスマス講義をする初の黒人科学者になることが挙げられる。


◆9:培養肉の進歩
2050年には世界人口が90億人を超えるといわれている中で、深刻な食糧問題です。昆虫食や人工肉の研究が進む中で、すでに米国の企業不可能フードで、主に小麦、ココナッツで生じた植物 “牛肉”ハンバーガーが販売されています。また、2020年12月に米国食品企業EatJustは、実験室で細胞を培養して生産された「文化チキン「シンガポール食品庁の審査を通過した一般的なレストランで提供してい開始されると、発表しています。

実際には不可能フードの人工肉を食べてみた感想は、次の記事を掲載しています。

肉の味・風味・食感を分子レベルで再現した人工肉」Beyond Burger」と「Impossible Burger」を実際に焼いて食べるものだった – GIGAZINE


◆10:室温で動作する超伝導を実現するための新たな希望
特定の金属や化合物などを極低温にアクセスすると、その物質の電気抵抗がゼロになる」超伝導「現象は低損失電力線とリニアモーターカーの発展に新たな可能性を見つけることです。最高のもマイナス13℃の環境で発生することができなかった、この現象を炭素、水素、硫黄化合物を使用して約15℃で発生させることがということを知りました。 しかし、これを実現するためには、海面からの大気圧の260万倍に相当する270ギガバイトパスカルという圧力が必要であり、実用的な可能になるまでにはかなりの時間を必要とするだろうが、まだ重要な科学的成果です。


この記事のタイトルとURLをコピー

READ  古い赤色矮星の周りを回って計外惑星も命に劣悪な環境の可能性| sorae宇宙のポータルサイト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close