トップニュース

「2022年レッドブルのエンジン、日本組立」

ホンダは今回のシーズン以来、正式にフォーミュラ1を残したが、エンジンはまだ日本で製作されています。 Red Bull Racingは、すでに多くの従業員を買収しているが、現在のエンジンは、来年に日本で出てくることを発表しました。

例えば、Red BullとHondaは、そのプロジェクトを進めており、来年に切り替えを続行する方法を知っています。、「Hondaの技術ディレクター田辺東洋紡日が説明します。 オートスポーツ Red Bullの計画について尋ねられたとき。 ミルトンケインズに工場を建てているが、来年にもサクラのエンジンが出てくるでしょう。

ミルトンケインズから2023年

それが今のエンジンが作られるHondaの工場があるところである。 Christian Hornerもこれを同じ媒体に確認しました。 “詳細を仕上げています。 明らかに、私たちがRed Bull Powertrains内で準備するとき’22は過渡的な年になるでしょう。“Hondaと一緒にRed Bullは2022年にMilton Keynesに作戦を移転するためにすべてのものを準備することです。

だから、私たちは、Hondaと協力して、エンジンが2022年にSakuraに続く組み立てられる軟着陸をしており、その過程が2023年に合わせて、私たちの新しい施設で行われる前に、」と、Hornerは結論に達しまし。


F1 TVバナー

READ  モウリーニョ監督クロップ監督の行動に苦言「私なら1分で退場になるだろう」 - SOCCER KING

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close