世界

「4人のうち1人が接種を拒否」そんな若者のために、英国のワクチン計画が大ピンチ」ワクチンは、製薬会社の陰謀だ」| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

最終的に、英国では、新型コロナウイルスのワクチン接種が開始された。 しかし、4人に1人が「受けたくない」と答え、特に若者の間でワクチンへの関心は冷ややかだならない。いったい、現地で何が起こっているかジェヨン記者酒井元美氏が解説する – 。

写真= AFP /時事通信

英国のボリス・ジョンソン賞

日本も供給予定ワクチンが最初の承認

世界初の英国政府の規制 “医薬品・医療製品規制庁(MHRA)」が承認されたのは、米国の製薬会社ファイザーとドイツ雨テック(BioNTech)は、バイオ医薬品会社が共同開発したワクチン「BNT162b2」である。 4000万回(2000万人分)を注文して、日本でも2021年に供給を予定している。

英国政府は、最初入荷分の80万回が到着してまもなく12月8日から英国で接種を開始した。 最初の週に数万人がワクチン接種を終えた。 しかし、国の計画によると、「すべての接種」を目標にするのではなく、「当面の対象は、50歳以上で、その下は完全に白紙」と対応した。

接種計画から排除されている様子が若者たちの目の前どのような反応を見せているのだろうか。

死亡者数が6万人にのぼる深刻な状況

英国では3月から5月までのケアホーム(老人ホーム)の従業員が外部から持ち込んだウイルスに感染が広がり、多くの高齢者が命を失った。 サインがコロナウイルス感染例も多いが、コロナ流行に他の疾患の治療が十分に受けられず、結果的に死亡した事例もあった。

英国政府がワクチンの使用承認を急いだ背景に、これらのケアホームでの感染を防ぎ、死者と重症患者の発生を最小限に抑えるという思いによる。

英国で新型コロナウイルスによる死者は12月4日、最終的には全6万人を突破、今も一日に300人前後が死亡している。

「英国がワクチンの使用が承認一番最初に」とすることができた背景には、英国の欧州連合(EU)からの離脱」ブレード区ジット」も大きく関係している。元の英国で使用されている薬は、EU機関の一つである「欧州医薬品庁(EMA)」の承認を得た後、使用が許可されたわけだ。

ところが、英国はすでにEUからの脱退を公式に決定しており、今年は転換期に合わせられている。 英国保健省は11月末EMAの決定を待たずに、英国の独自の機関」医薬品・医療製品規制庁(MHRA)」がワクチンを承認することができるように特別なルールを発動した。

マイナス70度で冷蔵は、GPSも出す厳重のみ

最初の到着分英国各地に設置されている50箇所を含む英国の医療機関など計70カ所の「予防接種のハブ」に移され、12月8日には、一般市民に接種が開始された。

「BNT162b2 “保存はマイナス70℃(許容範囲は±10℃)の環境が必要であり、ドライアイスが入った専用の保冷ボックスにワクチンを975個ずつ包装されて出荷されている。 この保冷ボックスには、温度だけでなく、ボックスの位置を常に追跡するためのGPS内蔵された温度センサーが付いており、万が一強奪や紛失があっても後に来る構造を備えている。

READ  ドイツウイルス死亡者数は、感染の減少にも50,000人を突破

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close