技術

「Apex Legends」の世界で2番目に大きな市場は日本また、今後も日本で成長するための秘策があれば、EAの収支報告で予告| AUTOMATON

Electronic Arts(以下EA)は、日本時間で11月6日、2021年第2四半期の収支報告を行った。 決算報告書の発表に合わせて開催されている。

同社は、ライブサービス事業の成功を強調しており、決算報告書によると、ライブサービス/その他事業による売上高は前年同期比7億6800万ドルで8億6900万ドルに成長している。 特に「Apex Legends」は、「The Sims 4」に並んで、現在EAが運営する主なライブサービス作品の一つである。 シーズン6の成功にイオイ作品は11月5日にシーズン7を発売したばかり。 CEOのAndrew Wilson氏は、今回のシーズンが今年の最大のコンテンツであることを明らかにした。

最高財務責任者および最高執行責任者Blake Jorgensen氏によると、「Apex Legends」の収益は、昨年より24%増加し、第3四半期に向けて非常に順調なスタートを切った。EAはこの作品について3億〜4億ドルの収益を予想して、会計年度を開始したが、現在では年間5億ドル以上の収益を創出する見込みだとしている。発売からの累計では2年ぶりに約10億ドルの売上高を達成する見込みである。
 

 
Jorgensen氏は、「Apex Legends」について、毎年10億ドルの収益を出すのフランチャイズに成長することを期待しているともいう。背景には、これまでの成長率だけでなく、モバイル版の発売が待機していることも伝えられた。昨年よりモバイル展開に向けた動きが報道されていた「Apex Legends」が(関連記事)がリリースが2022会計年度(2021年4月〜2022年3月)になる今回の定期報告書で発表された。

加えて、Wilson氏は、日本市場が「Apex Legends」で、世界市場で二番目に大きな規模を持っていることも明らかにした。EAは今後、日本での成長のための強力な計画を控えているという。アジアでは、この作品は、どのシーズンでも大きな成功を収めていること。一方、昨年より動きが報道されている中国での展開についてはJorgensen氏は、「非常に楽観的に把握している」と語った。具体的な進展を触れずに国からのゲーム販売承認を得るには、「非常に難しい事業」としながらも「結局承認を得る」との姿勢を見せた。
 

 
Electronic Artsの2021年第2四半期決算報告書ここに掲載されている。


READ  最大7000MB / sの超高速NVMe SSD」WD_BLACK SN850」徹底レビュー最速クラスに比べて真の実力を公開します - GIGAZINE

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close