経済

「Apple M1」チップを搭載した次世代のMac今使徒大丈夫?|マイナビニュース

アップルが約10年の歳月をかけて自社で設計・開発されたMac専用SoC「Apple M1」を発売した。同時に、M1ベースのMacにも3機種を発表しています。それぞれの特徴をもう一度振り返りながら「事故時」いつか、今すぐ購入しても問題ないかどうかを確認していきましょう。

M1チップが提供する性能と電力効率の向上は、信じられないほど

アップルは9月から3ヶ月連続の秋のスペシャルイベントを開催しました。先日開かれた11月のイベントの主役はM1チップと、これを搭載「MacBook Air」「MacBook Pro」「Mac mini」なかった。 新製品は、11月中旬頃から出荷が開始される予定です。

M1チップ搭載するMacに処理性能全般の向上、機械学習に関連する機能の充実を提供します。 ノートパソコンインチのMacBookシリーズは、電力効率が飛躍的に上昇するにつれて、内蔵バッテリーによる連続駆動時間が以前の世代の同型機に比べて驚くほど増えています。 私のお気に入りのMacBook Proを持って外に出る機会が多い人には希望望ん良いニュースです。

M1チップがMacにインポート革新の内容はもちろん、実際にはハードウェアにMac上で大胆なモデルチェンジにも感動したかったところですが、デザインは、前世代の同型機をほぼ踏襲している。 もしMacBookの新しいラインが出てきたり、10月に発売した新iPad Airのように緑と水色のカラーバリがMacBookに追加されると、私もスペックを見ずに購入したと思います。

Intelのチップ搭載Mac用のアプリケーションは、M1のシステムでも問題なく動作することを

新しいM1ベースのMacの購入を考えている人がたくさん心配している点は、おそらくIntelのチップベースのMac上で実行中のアプリケーションが、新しいM1のシステムとmacOS Big Surの組み合わせと互換性が確保されているかどうか…とと思います。

アップルが発表したプレスリリースを読んで、アップルが自社で開発しているMac用のソフトウェアは、すべての新しいM1のシステムで、基本的に動くことで、ここでは、心配する必要はないでしょう。

既存のインテルチップを搭載したMacで動いていたアプリケーションも、「Rosetta 2」と命名されたリアルタイム翻訳ツールのような構造の間に挟むしてM1システムの円滑な動作を保証しているとの説明があります。この変換処理の間に入るための動作も、これまでに比べて時間がかかったり、動作が若干不安定になることはないと見なされます。何よりも、このあたりは、アプリケーションごとに行動が変わってらしく、残りは実機で確認するほか、ないでしょう。発売後各所で紹介されているレポートを読んで比較しながら、自分が普段Macで頻繁に使用するアプリケーションの動作についての言及を参照当初必要かもしれません。

iPhone / iPadの人気アプリがMacの進化に影響を与える

新しいmacOS Big Surは、iOS / iPadOS用のアプリケーションを移動方式も新たに導入されます。 アプリケーション開発者は、この新しい構造は、歓迎すべきところがある一方で、事前準備とあと少しの開発時間が必要になります。 Macで使用できるiPhone / iPadの常連アプリが集まる時期はもう少し先になると思います。

元iPhoneやiPadのために最適化されエンターテイメントがMacに到着すると、Macのハードウェアにも、これを活用するための進化が必要だと思います。 例えば、MacのFaceTime HDカメラで肌の処理をした写真・動画を撮ってSNSに接続しようとするユーザーの期待にアプリが応じヒットすると、今度はMacの内蔵カメラの画質向上とマルチレンズ化などが現実になるかもしれません。

筆者が最も期待しているのは、MacにHDR対応のディスプレイが搭載されます。 iPhone 12シリーズでDolby Vision方式のHDRビデオカメラで撮ることができます。 その動画をMacで表示したり、Dolby Visionの高画質を維持しながら、大画面で編集してYouTubeなどの動画サービスに接続が可能な場合制作作業がスムーズになるからです。

まだ生まれM1チップと、これを搭載したMacをいち早く体験できる機会は今しかありません。 その成長の軌跡を一緒にしながら、10年後にも、必ずMシリーズのチップを搭載しているMacに誰よりも詳細になりたい場合は、ここで迷わず招待・M1ベースのMacを購入することです。

筆者は現在、2019年モデルのMacBook Airをメインシステムに使用していますが、今年はとても外に持ち歩く機会がなかったくせに在宅ワークヘビー書いたせいか、しばらく前から急に気持ち斜めになりますしています。 このときなので、MacBook Proにアップグレードして招待M1台をバスケットに入れるか真剣に吟味しています。

READ  Logicool G、PC、PS4量対応の新型ステアリングコントローラを9月17日、国内発売。 PS5への対応も予定

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close