エンターテインメント

「Around the Table」:あまり満足できない目のごちそう

成人映画は対象視聴者が思春期の痛みを直接知っているので、常に人気があります。 あなたはklutzy主人公よりも優れていると感じることができるが共感することができます。 しかし、映画自体を通過することが苦悩なら脱出するような感じがすることができます。

松本ソシの成人映画「アラウンドザテーブル」は、深刻な感じはありませんが、恐ろしい主人公の問題とキャラクターが楽しく食べることを愛するに撮影された食事に同じように注意を払って変無重力である。

この映画は、主人公が夏休みを過ごす家と彼女の有名人母親が運営する食堂を豊かに彩る北欧スタイルのライフスタイル商品を販売している日本の人気ウェブサイトHokuoh Kurashi no Dogutenが裏付けました。 同様に、彼女は大学進学課程を受講する美術学校は、東京のスタイリッシュなレトロコーナーに関する光沢た雑誌に掲載さことができ、彼女の緊張した処女が大人の世界に飛び込むことは、トレンディなデザイン会社が主催するパーティーです。 したがって、この映画はHokuoh Kurashi no Doguten(翻訳:北欧ライフスタイルツール)または同様の場所で働くことが、地上の専門的なアイデアを持つ人々に一種の願い成就です。

テーブルの周り Aobake no Teburu
評価
実行時間104分
言語日本
オープン6月18日

この映画は、母親の長年の友人である春子(西田尚美)の家に突然登場する生意気な十代優子(栗林子供ノ)を中心とする。 そこで彼女は、春子の可愛く恥ずかしがり屋が多い2歳年下の息子であるリク(うた料理わ)とある程度永久的に留まっている若いカップルのメイコ(久保はるか)とそら(シューゴオシナリ)に出会う。 春子の招待。

優子が美術学校に入学し、準備プロセスのスター学生である茜(上原ミク)と雄大(細田カナ打)をマンナミョンソイ風変わりめかの奇抜なコメディへの期待はすぐに消えます。 Yukoは、クラスの才能のプールの下部にありますが、率直で赤い髪のAkaneと興奮して広々とした目のYudaiはすべての彼女と友達になり、誰もが泳ぐように見えます。

しかし、優子は娘の存在のすべての面を細かく管理してきた有名なライフスタイルの専門家であり、シェフの母智代(市川実和子)の影の中に住んでいます。 優子は母のすべての影響から脱し意図でコースに登録したが、すぐに芸術が彼女の使命であることを疑うます。 実際には、興味深い目的としたシーケンスでは、彼女はスケートボードでYouTuberになるまで、すべてのことを試みたが、失敗したことがわかります。 自分のアイデンティティがない彼女はすべての人によく知られている母親を続け言及し、すぐにイライラがされます。

しかし、不確実ヒロインや、実際に心が良く間違っに良いキャラクターを嫌うのは困難である。 Tomoyoさえ娘のために最善を尽くしてたい線の種類よりも摩耗性の恐れが少ないことを証明します。 20年ぶりに昔の友人が、予期せぬ訪問をしたとき春子を許して抑圧された嫉妬と恨みをすぐに解放する。

多目的ベテラン西田と市川は軽い映画の劇的な緊張感の瞬間をプレゼントするだけでなく、周辺の若者の不安からコミックを緩和させてくれます。 しかし、二人の女性が、古いお土産を介してお互いの過去の郷愁を呼び起こすため、この瞬間は短すぎます。

Hokuohサイトで複製物を使用することができますか? 映画の他の多くの部分があることを考えると、なぜないのですか?

COVID-19の指示に基づいて、政府は、住民や観光客がバー、レストラン、音楽会場やその他の公共の場所を訪問する場合は注意を払うことを強く要請しています。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  東京2020オリンピック:橋本聖子が性差別反発以降のゲーム責任者に就任

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close