技術

「Dead by Daylight “ハロウィンイベント2020」不滅の胴枯れ”の詳細を披露。過去2年間のハロウィンイベントを合体させた保留イベントに| AUTOMATON

Behaviour Interactiveは10月16日 “デッド・バイ・デイライト「ハロウィンイベント2020」不滅の胴体はいけない」の詳細について明らかにした。 ハロウィンイベントといえば「錬金術師」の肩書きの正体不明の男が霧の森に咲く不思議な花」バーナチュラル」で摘出した蜂蜜を殺人鬼に投与実験を実施し、同固有のストーリーが展開されてエピソードが印象深い。そんな「錬金術師」が、今年2020年9月キラー “ブライト”にプレイアブルキャラクターとして登場。今回行われるハロウィンイベントは、彼の話を言って、最後のイベントとする。

過去のハロウィーンイベントで公開された動画は、今回のイベントの開始と同時に、アーカイブで視聴できるようになっているので、昨今「Dead by Daylight」を開始しましたプレイヤーも安心してほしい。

ハロウィンイベント2020の概要

今年のハロウィーンイベント史上最高保留にして表現力のある内容となっている。

イベント仕様の新しいアーカイブ
・一昨年非常に好評だったオブジェクト “長期潰瘍」の復活
ハロウィーン専用オファリング」バーナチュラ花びら」
・生存者項目に追加して、最初の殺人共通アドオン登場
ハロウィン限定お守り配布
・新しいハロウィンスキン
・他のロビー画面と各オブジェクトがハロウィン仕様

新しいアーカイブ学術書Ⅴ “解放”

ハロウィンイベントが来るのは、アーカイブも結局1周年。 実装で5回目となる新しいアーカイブ学術書Ⅴ「解放」が追加される。 今アーカイブはハロウィーン仕様になって挑戦するミッションもイベントに関連した内容が含まれているという。

また、アーカイブを推進することにスキンやお守りなどの報酬を得ることができるリフトもハロウィン仕様になっている。 最近リリースした殺人鬼「ブライト「生存者」フェリックスリクター」スキンが手に入るのではないコミュニティは、噂がある。

長期の潰瘍

長期の潰瘍(長期の潰瘍)とかなりなじみのない名前ですが、このオブジェクトは、ハロウィンイベント期間中のみステージの任意の位置に出現する。 すべての生存者専用のオブジェクトになり、近くにアクションボタンを押すと、蜜を採取することができる。 採取した蜂蜜に基づいブラッドポイントが与えられるので、イベント期間中に積極的に取りたいところ。 しかし、蜂蜜採取時間が必要であり、採取するプレイヤーが多いほど、もちろん発電機の進行も遅延される。 意識からの脱出を優先したり、蜂蜜採取に奔走したり、選択を強要するものである。 また、殺人は、特定のフックに生存者を誘引して花の蜜を採取することができる仕様となっている。

バーナチュラ花びら

イベント期間中、専用オファリング」バーナチュラル花びら」ブラッドウェブに出現することになる。 オファリングが一つ使用するたびに地図に生成されたハロウィーン専用フックと発電機が一つ追加され、さらにそこから追加ブラッドポイントを得ることができることである。 一昨年のハロウィンイベントでは、「長期潰瘍」が出現するのかもしれないこのオファリングが使用される数字に合致する形になっていたが、今年はこの点に関して言及されていないようだ。 バーナチュラ花びらは、イベント期間が過ぎると使用できなくなりますので取得した方は、どんどん使ってしまうのがいい。

先のとがった性能を持つ新機能が両陣営に登場

過去のイベントでも登場した生存者のためのアイテム「ハロウィンのお弁当」「ウィルオーウィスプ」に加え、今回の新たな生存者のエントリに追加が登場する。

医療キット用アドオン「精製された血清 “
医療のキットで治療中の補助アクションボタンを押すと、精製された血清を使用する。
・生存者の移動速度が20秒そこそこ上昇する。 生存者の背後にある伝染病の跡が発生する。

懐中電灯用のアドオン「壊れた電球 “
懐中電灯の光が点滅するようになる。
光の明るさが適度に増加する。 目に隠さの持続時間が適度に増加する。 鳥肌が適当増加する。 重複する。

特筆すべきは、医療キットアドオンの効果で「生存者の移動速度が20秒間上昇」点だろう。 短時間しかし、任意の移動速度を上げる方法を生存者が得ることはチェイスなど、非常に大きな影響を与えるものである。 上記2つの付加機能は、ハロウィンイベント期間にだけ出現するが、イベント期間が終わっても使用することができる。 この機会に複数確保しておけばいいかもしれない。

また、今回の殺人は、最初の共通の機能が実装されている段階になった。

キラー共通機能」ブライトセラム」
・アビリティ「破滅の突進」で使用するためのトークンを一つ解放する。生存者がフックにぶら下がった場合、1トークンが充電される。
・能力ボタンを押して、破滅の突入を発動させればすぐに、今後ダッシュして1トークンを消費する。 破滅の突進中は攻撃できない。
・殺人ブライトを使用すると、他の効果である。

制約は多いがどんな生存者との距離をはるかに短縮させることができる効果を持つ機能である。 どうやらトークンは、最大1個まで保持することができない。 したがって生存者をフックに吊り下げた後、発電機の巡回やフックに吊り下げ生存者が救出されたような時に邪魔をするために使用することが多いのではないだろうか。

ブライトの血清発動場面、ある程度の距離を移動することができるか注目される

「ブライトを使用すると、他の効果になる」という説明も非常に気になるので、実装が期待したい。 また、この共通の機能は、すべての殺人のブラッドウェブ出現イベント期間が終了したとして使用することができているようだ。

最後に、詳細については明らかにされなかったがハロウィン限定のお守りと新しいハロウィンスキンをどのキャラクターで実装することも、今回のニュースで明らかになった。 史上最高の保留イベントである「Dead by Daylight “ハロウィンイベント2020. 10月22日から11月4日まで開催いたしますので、ぜひ参加してみてはどうだろう。


READ  GIGABYTE 34インチ3440×1440ドット税込約5万8000円の曲線型ディスプレイを国内発売。 フラットパネル採用27インチモデルも

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close