技術

「Dead by Daylight “新しい殺人ツインズが楽しいれる。 この弟の弱はクセになる| AUTOMATON

非対称対戦ゲームで人気を集めている「Dead by Daylight “国内外を問わず人気が高く、最近は芸能人がプレイしている様子をYouTubeで見ることも多くなっている。 そんな「Dead by Daylight」は昨日12月2日新DLCで「A Binding of Kin」が発売された。このDLCは、新しい殺人「ツインズ」の生存者」エロディ・ラコート」歌手ロックされている。このような殺人ツインズがインターネットで楽しみになっているようだ。

殺人ツインズはその名の通り姉シャーロットの弟ビクターの2人組で構成された「Dead by Daylight」は、これまで存在しなかったタイプのキラーだ。プレイヤーは能力が、他の2人の作業を切り替えながら生存者を効率的に追跡していく。

弟ビクトルは小柄で詩人づらく、移動速度も速い。 しかし、ゲームの重要なオブジェクトである発電機とパレットについて何の措置がない。 したがって生存者に飛びかかって攻撃と妨害をするのが主な役割である。 姉シャーロットは、他の殺人村行う基本的な行動は、すべて行うことができますので、必要なシーンに合わせて姉と弟を切り替えながら戦うことができる。 正式実装されたことは浅いが、ツインズは、強力な殺人で猛威を頑張っているようだ。 しかしそのようなトゥウィンスウル触れる動画が海外掲示板Redditで話題を集めている。 1500個以上のUpvoteを獲得して、ユーザーの視線を集めているのだ。

「問題に備えてください!」

「二倍!」

先頭のセリフはアニメ「ポケットモンスター」に登場するロケット団のムサシと浩二、英語吹き替えセリフだ。 日本語に翻訳すると、「覚悟いいの?その2倍は覚悟したほうが、それぞれ良い」というニュアンスだ。

この立ち絵をシャーロットビクトルに適用している。 ビクトルの大きさに違和感は感じるがセリフや構図はよく一致しているところが笑いを誘っている。 直後メリーBGMと一緒に生存者木村ユイとフェリックスリクタイ登場。 何か会話をした後、シャーロット狙っ工具箱を投げている。 修理が完了し、発電機の隣にあったことから、おそらく充電が排出された工具箱だったのだ。

BGMとして流れているゲーム「アイドルマスターシンデレラガールズ」に登場するホンダ澪の歌」のステップ!」である。昨年Twitterで一時話題になっていたhemeglosso氏の「ステップ!に合わせてホンダミオちゃんぽよぽよ奴」の構図に重ね木村ユイが措置を取っている。

なぜそのようにツインズが人気なのか? 弟ビクターはすぐに攻撃の可能性も高いが、非常に体が弱くことができる。 隙を見せたビクトルウル生存者はアクセス蹴りつぶすことができるものである。 この構図がミームた今回の動画を含む各地でビクトルが蹴り飛ばしになってしまった。

そして到着したのは「The Elder Scrolls V:Skyrim」の世界。 レイに後話しかけて目を覚まして弟ビクターは、この壮大なファンタジーの世界で何を思うだろうか。 メリーBGMで一転、荒廃した世界で起こる落差がクセになる動画である。

また、現在のシャーロットでビクトルウル排出するとき、ビクトルが地面に埋め閉じ込めバグが頻発している。 ツインズ正式実装後、すでにゲームをプレイしたユーザーであれば、一度発生したことがあるではないか。 地面に埋め込まれたビクトルは、一定時間が経過すると、自然消滅するまで待つか、生存者の足をつかむシャーロットに返してもらうしかない。 このような状況が続いていることを風刺しているかどうかは、次のようなイメージも話題になっている。

行動:ねえ、私たちはちょうど私たちの新しいキラーをリリースしました!
「新しいキラーを実装しました!」

かっこいい! 新しいキラーはどのように動作しますか?
「わかりました、新しいキラーは何を?」

行動:行動しません。
「動かない(behaviour)だ」

これはまた、様々な形でツインズが愛されているのだ。 「Dead by Daylight」は、12月中に毎日ログインボーナスを受け取るアドベントカレンダーイベントを実施している。この機会に殺人トゥウィンスウル含む新しいコンテンツに触れてみてはどうだろう。


READ  Best Tablet 最高のタブレット[2021]

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close