技術

「Dead by Daylight “新しい章” A Binding of Kin」発表。操作するキャラクターを切り替え戦う兄妹殺人」ツインズ」と新しい生存者」エロディ・ラコート」の詳細を明らかに

Behaviour Interactiveは11月11日、「Dead by Daylight」で新たな章「A Binding of Kin」を発表した。この章では、迫害の人生を送ってきた結合双生児の殺人」ツインズ」と行方不明の親を探し遺跡ハンター「エロディ・ラコート」歌手ロックされている。 新しい章の発表と同時に、新しい殺人と生存者は、完全に当該役がよく似合ってきたデビッド・キングが映るディザ動画も公開された。

本稿では、新たなコンテンツの紹介と一緒に殺人「ツインズ」の能力を深く掘る。 そして6種の新しいパークが及ぼす影響について考察していく。

キラー “ツインズ”

ツインズは「Dead by Daylight “初めて他の能力を持つキャラクターを切り替え戦うタイプのキラーである。 姉がシャーロットの弟ビクターという名前である。 結合双生児として生まれた彼らは「ツインズ」は、エンティティに区分する能力を得たことで、二手に分かれて、効率的に生存者に従うことができる。

特殊能力:「血の絆」

・能力ボタンを押すと、今後ビクトルウル解放する。
・ビクトルウル解除した状態で、再度アビリティ発動ボタンを押すと、シャーロットとビクトル作業を切り替えます。
・ビクトルは操作されない間の近くを散歩や旅行している生存者を殺人の本能によってシャーロットに通知することができる。
・しかし、シャーロットを操作している間は、ビクターは無防備である。 生存者はビクトルに近づい一定時間にわたってビクトルウル蹴りをキャッチすることができる。
・潰されたビクトルは、一定時間後にシャーロットの体の一部として復活する。

ビクトルウル解除した後、シャルロットは作業を切り替えるまで、その場に立っているわけだ。 しかし、心臓の音を消した状態を維持することができるので、いつでも奇襲できるように生存者で目につきにくい場所でビクトルの解放をするといいだろう。 また、ビクトルの放出とタスクの切り替えは、フックにぶら下がっ生存者の近くやハッチの近くで行うことができないように制限があるので注意が必要である。 手軽キャンプ行為をすることができないようにするための措置である。

特殊攻撃:かかって

・ビクトルウル操作中アビリティ発動ボタンを長押しすると駆けつけて攻撃を占めている。 充電中は移動速度が低下する。
占めた後、攻撃ボタンを押すと、ビクトル今後駆けつけ攻撃を行う。
・走って攻撃が命中した生存者はダメージを持っているアイテムをその場に落とす。
・傷の状態の生存者にかかって入ってこの衝突した場合には、ビクトルは生存者にぶら下がって衰弱、物忘れ、そして新しい状態異常である行動不能にする。

※行動不能:自分自身と他の生存者の治療と癒し、発電機の修理およびフックの破壊工作トーテムの浄化、胸調査項目を使用・ピックアップ・落とすなどの基本的な操作を実行することができなくなる。

・握られた生存者はロッカーに隠れたり脱出ゲートから脱出することができなくなる。 また、ビクトルがぶら下がっている間近くにある生存者のオーラをシャーロット見ることができる。
・握られた生存者は追いかけ措置を行なうことビクトルウル剥離潰すことができる。 追いかけ移動しながら可能だが、ビクトルウル振り払うとき1秒程度の移動を含むすべての行動が制限される。
・走って攻撃が外れた場合、一定時間ビクトルに隙間が生じる。 生存者は、これまでビクトルに近づいてビクトルウルとる作業を行うことができます。

弟ビクターは非常に良い仕様が並んているので、すべてを把握するには、少し時間が必要だろう。 しかし、基本的なスペックは高いので、姉シャーロットよりビクトルを操作する時間が圧倒的に多いようだ。

特筆すべきは、身体の笑顔、そして非常に迅速に移動することがポイントであるものである。 また、心拍数がないので、よく生存へのアクセス陰で走って攻撃をする戦術が理論になりそうだ。 かみ程度の攻撃は低く放物線を描いて取り組むため、ビクトルは殺している板や窓枠、そして見栄え低いオブジェクトであれば、上記の飛ぶこともできる。

その他の詳細仕様では、次のものが挙げられる。

・ビクトルは生存者がいる公園や機能によって元気表示されない
パーク「凍りつく背筋」、通称「猫」の効果を受けない
・シャーロットは、通常、上記パーク追加効果を得る
・ビクトルは板ぶつけチルジグァ崩れてしまう
・ビクトルは懐中電灯によるスターンの影響を受けない
・ビクトルはロッカーの開閉ゲートのレバーを下げるハッチを閉じることができない
・ビクトルに握られた生存者は脱出ゲートから出てくることができませんが、ハッチから脱出可能
・ビクトルは当たり判定があるので、狭い通路などに入れて生存者ビクトルウル潰さない場合は通過することができない。

総合的な能力は高いが、ビクトルはロッカーに入ったときの対処方法がない。 追加生存者をフックに吊り下げたり、発電機を破壊するなどの重要なタスクは、シャーロットしかできないので、シーンごとによく姉と弟を切り替える必要性が高まっている。 この判断をよくすることができるのが殺人「ツインズ」の実力の近道になるかもしれない。

メメント・モリ

ツインズメメント・モリは弟ビクトルウル解除した状態とそうでない状態でモーションに変化があるようだ。

・ビクトル解除

・ビクトル米返し

ツインズの固有パーク

■つかむ店

“24/36 / 48m以内の生存者が胸にアクションを実行したり、アイテムを拾ったときに通知を受けるに十分な出現ポイントがあれば、最大2/2/2の胸がマップに追加生成される。胸から発見すべてのアイテムのレア度減少する。」

地図に胸を上げる代わりに索敵能力を強化する公園である。 生存者・キラー双方に利点がある公園に殺人の貴重なパーク1の範囲をささげるほどかどうかは疑わしい。 「胸に発見すべてのアイテムのレア度が減少する」効果で胸からベリーレアまたは超レアの鍵が出なくなる場合起きの余地があるかもしれない。

■迫害

「発電機を破壊すると、他の任意の3/3/3台の発電機の進行程度が後退し始める。これらの発電機のいずれかが修理中の場合、修理をしている生存者それぞれ難しいスキルチェックが発生する。迫害は120 / 100/80秒クールダウンがある。 “

いつでも他の発電機に影響を与えることができるありそうでなかったパーク 「監視」と索敵に使用するのもいい」イタチが飛び出した」とマップ全体の発電機を効率的に遅延させることにも役立つだろう。 “魔術:不滅」と「魔法:破滅”の組み合わせが非常に多く採用されている現在の環境では、新しい変化を生み出すことができる可能性がある公園である。 また、難しい技術検査パーク「オーバーチャージ」のようなスキルチェックがされている。

■最後の一撃

「発電機の修理が完了するたびに、トークンを獲得する。トークンを1つ以上ある場合は、次の突進攻撃距離が60/80/100%増加し、トークンを1つ消費する。 “

最大5回まで、通常よりも長い射程距離に突進攻撃をすることができるようになるパークである。 どんなにうまく板や窓枠を回す生存者も、この突進攻撃の射程距離はチェイスの計算が及ぼすだろう。 しかし突進攻撃をすることができ、 “最後の一撃」発動のトリガーになってしまう点が扱いにくい。 この公園を最大限に活用するためには、突進攻撃を使用する場面とそうでないシーンを明確に認識する必要があるようだ。 基本攻撃は斧とするトークンを消費していない、と1周する距離が短い点だからチェイス時間をもうけてしまう「抗トーレス「相性が良いだろう。

生存者 “エロディ・ラコート」

ユニークパーク

■評価

「3/3/3トークンを持った状態で意識を始める。胸が開放された場合、1トークンを消費アイテムを見つけることができる。胸の開い速度が40/60/80%上昇する。」

すでにアイテムを取り出した胸から追加で項目を選択できるようになるパークである。 このパークを装着するだけで、単一の胸から4個のアイテムを入手可能。 「万引きの本能」と鍵を拾うだけでゲームセットにインポートすることもできます。 許してください。

■トリック

「トリックが有効の間走行中にロッカーに入ることができなくなるが代わりに入るふりをする。走行中にロッカーに相互作用する騒音指標を出して、3/3/3秒間赤い傷跡を残さなくなる。詐欺は60/50 / 40秒クールダウンがある。 “

「問題」に続き、キラー泣くパークチェイス中殺人の視界から見えない位置で使用することで、「デッドハード」レベルの遅延効果を得ることができる。 疲労が付かないので、前述した「デッドハード」およびその他のチェイスパークとの併用が顕著になるだろう。

■勢力争い

“殺人魔に移送中に進行ゲージが35/30/25%になるまで苦闘と勢力争いが発動する。発動すると付近のパレットを持って殺人を怯ますることができる。殺人鬼が基の場合パークは解除される”

旧仕様の「決死の一撃」を彷彿とさせる能力を持つパークよく発動条件を使用して、第2の「決死の一撃」で機能するが、条件が非常にシビア。 また、殺人による公園の管理も簡単なため、(パレットを通過しないように運搬のみ)新しく追加された公園の中で最も使用されていないとされているではないか。

新しい章「A Binding of Kin」の内容を含んでいるプレイヤーのテストビルドは11月11日午前1時頃から始まっている。Steamで「Dead by Daylight」をプレイしているユーザーであれば誰でも参加可能である。また、本章が実装されているVer4.4.0パッチはマップ “オーモンド」「オートヘイ部ン・レットズ”ビジュアルアップデートも含まれている。前回の「マクミランエステート」に続き、今回も良い成果がされているようだ。このビルドの実装を期待したい。


READ  [빠즈도라 일기]ガチャドラの性能が「正常」も! 破格的な無料のキャラクターと言わざるをえない。 | AppBank

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close