「FFXIV」吉田P “私は驚いた監督は、常に嫉妬にしか感じない」映画「TENET”で有名なゲームメーカーがコメント – GAME Watch

Estimated read time 1 min read

映画監督クリストファー・ノーラン氏が担当し、タイムサスペンス超大作「TENETテネット」が9月18日から日本で公開される。

映画公開に先立ち、日本のゲーム業界を代表するクリエイターのコメントが公開。 「ニア」シリーズを扱う陽子太田ロウさんと「ファイナルファンタジーXIV」のプロデューサーを務める吉田直樹氏など5人のコメントが公開された。

陽子太田ロー氏のゲームディレクター(「ドラッグオンドラグーン」「ニア」シリーズ)

と〜! 誰もが好きなクリストファー・ノーラン監督の大期待作「TENET “!楽しみだよ。ああ、最初から自信満々でしょう、うん?なんだ、あれ?……え?え?え?いや、何が起こった?うん?うん?うん?どのようなもの!?私は知らない!え?あ、そうか!いや、うん?何?ちょっと待って!待って!はい、ここでは、お任せ……この驚いた!ノラアップあゆンンン!ステTENETと!ンンンっ(一時停止)

横山昌義氏セガ龍が如くシリーズチーフプロデューサー

2020年8月20日。 天才記事フジ聡太が指した常識外の手は、その瞬間から棋界の「定石」となった。 そして9月18日。 天才驚いた監督の常識外の構想は、理を持って可視化され、新しい映画の「常識」になる。 彼作り出した加工の極は劇場である。 目と耳と肌で感じよ。

石井二郎氏のゲーム作家

そう! これに驚いた映画だよ。 「メメント」と「インセプション」を見た瞬間、パズルを解くような知恵熱を呼ぶ映画体験。 時間は哲学であり、哲学は時間である。 時間と映像に飲まれる至高の150分。

高木謙一郎さんCygamesゲームクリエイター

今回の作品は、没入など生易しい感覚ではありえない。 巡行と逆行する時間の同時存在は、仕方なく見る人をスクリーンに巻き込んされる。 先にいるかのよう元に戻る話の迷宮で、主人公と一緒に魔法の場所に到着する新しいビデオ体験。

吉田直樹氏スクウェア・エニックス「ファイナルファンタジーXIV」プロデューサー兼ディレクター

私は驚いた監督は、常に嫉妬にしか感じない。 この人がゲームを作ったなら、いったいどうなるのだろうか、と。 とんでもない映画である。 この監督もイカおり!! ゲーマーよ、この映画は必見だ! そして非常に語り合おう!

READ  バービー・フォルテザ(Barbie Forteza)、デビッド・リカウコ(David Licauco)監督の映画日本映画祭で上映予定
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours