技術

「G Suite」が新ブランド「Google Workspace」に新機能も続々 – 携帯電話Watch

Googleはこれまで「G Suite “を提供してきたサービス群について、そのブランド「Google Workspace(グーグルワークスペース)」に変更して提供すると発表した。

Google Workspaceは、Gmail、カレンダー、ドライブ、ドキュメント、スプレッドシート、スライド、Meet、Chat、Keep、サイト、フォームなど、さまざまなアプリケーションが含まれる。

300人以下の中小企業のため料金制は3本で、初心者ユーザーごと月に680円、スタンダード同1360円プラスが同2040円。

計画ユーザーごとに料金含有量
Business Starter(スターター)680円自分のドメインが必要な小規模事業者が最も利用しやすい計画。
Business Standard(標準)1360円大規模なビデオ会議と大容量クラウドストレージなどの高度な機能が必要な企業の計画。
Business Plus(プラス)2040円管理者のための機能「Vault」やモバイル機器管理(MDM)のようなセキュリティとコンプライアンス機能強化が必要な企業の計画。

スターターと標準は、これまでの基本的な(Basic)とビジネス(Business)と同じ金額。

企業向け機能の両方が必要としない小規模企業でも高度な機能を使用する場合に向かって計画的に新たに「ビジネスプラス(Business Plus)計画」が提供される。

既存の計画と新しい計画は、サービス内容が一部異なる。 たとえば、Googleドライブの容量は、従来の「ビジネス」は、無制限(5ユーザー以上)だったが、新しい計画額の「標準」は、1人当たりの2TB少し高機能の「プラス」では、5TBと上限設定される。

一方、これまでの「エンタープライズ」計画は、大企業向けに個別のGoogleの営業担当者にお問い合わせの上で提供される形になる。

既存のユーザーは、現在のライセンスの状態で継続して利用することができる。

チャットルームでのドキュメントを共同編集

今後数週間以内に、チャットルームでのドキュメントを動的に生成ゲストとの共同編集することができるようになる。

ドキュメント、スプレッドシート、スライド3のアプリケーションで新しいタブを開かずにリンクされたファイルをプレビューすることができるようになる。

また、ここでは、6日から名前へのリンクと一緒にコメントすると、スマートチップ連絡先の詳細が表示される。 組織外の人も対象。

指定されたリンクの連絡先の表示とリンクのプレビュー

今後数ヶ月以内には、Meetのピクチャー・イン・ピクチャーを文書、スプレッドシート、スライドも提供される。

READ  光拡張:バイオベースのポリエステルハードフィルム

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close