経済

「Go To Eat」参加意向のあるレストランは38.3%、使用したい予約サイト1位は「食べログ」:MONEYzine:資産運用とお金が近い

Retty工事は、全国の20歳以上の1,009人を対象に「Go To Eatキャンペーン」について調査を実施し、その結果を10月1日に発表した。 調査期間は9月18日から20日。 Go To Eatキャンペーンに期待する効果を複数回答で聞くと、「飲食店のサポート」が64%で最も多く、「生産者支援’42%、「外食意欲の喚起’34%などの回答が多かったした。

キャンペーンの利用意向を尋ねると、「利用したい」が56%、「利用したくない」が44%で意見が分かれた。「利用したい」と答えた人は、「有益である」という意見が多く、「ない」と答えた人は、「新型コロナウイルス感染の危険」の意見が多かった。また、「複雑で理解しにくい」「普段外食はしない」などのコメントもあった。

Go To Eatキャンペーンを「利用したくない」と答えた人(n = 442人)に、どうすれば「Go To Eatキャンペーン」を活用したいと思うか複数回答で尋ねると、「コロナ収束した後、「この55%と最も多かった。ギターは「より有益であれば、「30%、「より構造が単純化されると、「25%」飲食店の衛生・感染予防対策を備えていれば’14%で後に続いた。

一方、「利用したい」と答えた人(n = 567人)に「行きたいお店」を聞いたところ、1位は「行ったことのない店’60%で「人気の店’40%、「常連の店」 39%、「高級店」35%が続いた。「困ったような店」は22%であった。

一方、株式会社シンクロ食品は運営するリサーチサービスの会員(飲食店経営者、オペレータ)を対象に、Go To Eatキャンペーンのための飲食店の対応についてアンケート調査を実施。 546人から回答を受け、9月30日の結果を発表した。 調査期間は9月15日から17日。

まず、2020年8月の売上高前年比を聞くと、「前年同月比50%以上減少した」との回答が最も多く、34.1%。続いて「40%減少した(18.3%)」、「30%減少した(17%)」の順であった。 状況は少し上昇しているが、ほとんど足踏みだ。

調査時点で飲食店Go To Eatキャンペーン参加の意向を尋ねると、「プレミアム付きお食事券やオンライン予約サイトの両方に参加する」が22.0%、「プレミアムなお食事券のみ参加する「9.2%、「オンライン予約サイトのみ参加する」が7.1%で参加意向があるレストランは38.3%にとどまった。一方、「検討中’48 2%、「参加しない」は13.6%であった。

不参加の意思のレストランに理由を尋ねると、「手続きなどが複雑で利点がない(大阪府/ラーメン)」「単価が低いことから、効果があまり期待できない(東京都/テイクアウト)」「座席数を減らさなければならこと難点(兵庫県/居酒屋)」などがあった。

また、オンライン予約サイトを介して参加すると明らかにした店舗(n = 159)に対してどのようなサイトを利用する予定聞いてみると、「食べログ」が64.8%で最も多く、「ぐるなび “56%”唐辛子’45 .9%の順だった。

これらの調査が実施されたのは、9月時点であるが、「錬金術」が発覚した10月以降どのような措置をとるの利用意向が変化するかどうか注目される。

[관련 기사]
Go Toキャンペーン “旅行”慎重派が多数、「Eat “は”利用しようとは思わない」62.5%
レストランの90%以上が給付金・助成金を活用して、「まだゲストは戻らない’52 .6%
ケータリングが増えた人にオススメ “料理本「防災のレシピと世界の郷土料理、カレーの材料に対して絵本


READ  iPhone12、オレンジ詳細については、今回も有名なリカあえて流した虚偽の情報であった? - iPhone Mania

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close