技術

「iPhone」は、USB-C互換性がある日は来ないかもしれない – CNET Japan

私は「iPhone 12」のポートが広く使われている汎用になることを大いに期待していた。 それでも、自分の形式で、他の独自のフォーマットが追加されただけだった。 10月14日に発表されたiPhone 12は、USB-Cポートは使用されなかった。充電は継続Lightning通じ、そこに新しい「MagSafe」コネクタこの追加された。

まだだろうか、まだかな?
提供:Sarah Tew / CNET

私はiPhoneがUSB-Cに該当する日は来ないだろうことを可能にし始めました。

Lightningは、2012年発売の「iPhone 5」で採用されている。 iPodから続いた昔ながらの30ピンのポートの代わりにデビューしたものである。 過去10年の間にLightningは利点があった。 小さく、データ転送速度も30ピンより速い。 しかし、ここ数年は、USB-Cの時代になっている。 これに比べれば、Lightningは長い感じている。

Appleの新しいMagSafe充電接続は、標準の無線充電規格「Qi」の改善バージョンのように見える。 「Apple Watch」の充電と同様に磁石によるハンドシェイク機能がある。従来より確実に充電することができるものである。また、MagSafeを介して充電するには、「MagSafe充電器」が必要である。

それにしても、なぜまだLightningポートであるだろうか。 なぜ思い切ってUSB-Cに移行していないだろうか。

Appleは、iPadシリーズは、すでにUSB-Cへの移行を開始した。 まず、「iPad Pro」で2020年の「iPad Air」で。 MacBookシリーズは、すべてのUSB-C / Thunderbolt 3に切り替えされる。 iPad Proも「MacBook Pro」も「Nintendo Switch」も「Google Stadia “のコントローラーも「Oculus Quest 2」も、すべてのケーブルで充電することができる。 残る部分がLightningある。

Lightningは今では奇妙な古いポートであり、AppleがiPhone 12にUSB-CでLightningに変換ケーブルを同梱することはより奇妙なことだ。 USB-C準拠ACアダプタを探したり、購入したりして、それを変換ケーブルを指すのだろうか。 真面目な話、完全にUSB-Cに移行するとされているのに、なぜそうしないのだろうか。

また、Appleは、ACアダプタを含んでいない。 多くの人がiPhone 12とMagSafe充電器とMagSage対応の新しいケースを購入する可能性はどのくらいだろうか。

私の家の机の上に、今さまざまなデバイスを充電するために必要なアダプタとコードを指した電源タップがある。 ウェアラブル端末専用充電器も多数ありますが、ほとんどがUSB-C準拠である。 iPhoneとまだLightningを使用しているいくつかのApple製品以外のほぼすべてのものである。

私は変換アダプタが嫌いだ。 独占充電ケーブルは、より嫌だ。 将来のiPhoneは、少なくとも一つはないことだった。 しかし、新しい独自仕様を追加することになるようだ。

iPhoneでUSB-Cを採用する理由を説明する必要はないだろう。 他の多くのスマートフォンで使用されている。 Apple製品の半分以上も使用されている。 さらに、そのようにすると、iPhoneでも、私が使用してiPad Proおよびその他の製品の周辺機器との変換アダプタをよりスムーズに接続できるものである。 もちろんLightning変換アダプタもHDMI経由でTVに出力したり、microSDカードの写真データを読んでいることを知っている。 それでも、USB-Cのものがより好ましい。

これは、過度かもしれないが、USB-CのiPad Proならここまですることができる。

これは、過度かもしれないが、USB-CのiPad Proならここまですることができる。
提供:Stephen Shankland / CNET

USB-Cと、今持っているすべてのLightning対応の周辺機器を交換する必要がないかもしれない。 しかし、自分のポートと周辺機器の2つの波を伴った30ピンLightningに切り替え比べると分離ではない。 USB-Cに移行すると、周辺機器の全体的な交換は省略することができる。 さらに繰り返しになるが、Appleは、すでに部分的にでもそちらの方向に向かっている。

それでもiPhone 12にUSB-Cポートは搭載されていなかった。 私は多分永遠に搭載されていないかもしれないと考え始めた。 しかし、Appleよ、USB-Cを飛ばしていて欲しい。 皆が期待しているかのようにiPhoneをポートがない板にして充電方法でMagSageだけを使用するなどしてないように。 iPhoneが日常的に使用しているコンピュータであれば、すでに広く受け入れられている小型の日常的なポートが1つあることも非常に参考になるようなものだから。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

READ  Huawei製の独自OS「HarmonyOS "が2021年にHuawei製スマートフォンに搭載される可能性 - GIGAZINE

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close